Yahoo!チケットでUSJのパスが買える…Yahoo! JAPANとユニバーサル・スタジオ・ジャパンがマーケティング・パートナーシップ契約

ヤフー株式会社とユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社・株式会社ユー・エス・ジェイは、インターネット企業としては初となる「マーケティング・パートナーシップ契約」を締結したことを発表。

ヤフー株式会社とユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社・株式会社ユー・エス・ジェイは、9月29日、インターネット企業としては初となる「マーケティング・パートナーシップ契約」を締結したことを発表。

Yahoo! JAPANは、昨今の“モノ消費”から “コト消費”へのシフト、そして世の中で広く議論されているチケット販売のミスマッチングによる諸問題を背景に、オンラインチケット情報サービス「Yahoo!チケット」にて、新しいチケット流通・認証の仕組みの構築を進めている。

一方、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、第三者による人気チケットの不正な転売行為に対して、不正転売撲滅を推し進めてきている。

今回の発表によって、転売対策に実効性が高く、より多くのゲストが適正な価格でパークを楽しめるチケット販売体制の構築を実現する。

今回の発表に伴い、「Yahoo!チケット」では、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの1デイ・スタジオ・パス、2デイ・スタジオ・パス、そしてユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2017 パーティ・パスを10月1日より取扱いを開始。また、今後各種イベントのチケットのほか、年内をめどにユニバーサル・エクスプレス・パスの取扱いも予定。

なお、今後の各種チケット販売については、「Yahoo!チケット」にて、現在構築中の新たなチケット流通・認証の仕組みを活用し、さらに連携を深めることで、転売対策も強化していきたい考えだ。