VR/MRスタートアップSPACES、シードで約3億円を資金調達

VR/MRスタートアップSPACESは、シードで300万ドル(約3億円)の資金調達を実施した、と報じられた。

今回のラウンドは、Comcast Venturesがリードで、Boost VC、Canyon Creek Capital、コロプラの「Colopl VR Fund」、グリー、Kai Huang氏、Venture Reality Fund、Sinovation Fund、Youku Global Media Fund、CRCM VCが参加した。

DESCRIPTION

5月18日付けのVRSPACES
は、VR/MRスタートアップSPACESがシードで300万ドル(約3億円)の資金調達を実施した、と報じた。

今回のラウンドは、Comcast Venturesがリードで、Boost VC、Canyon Creek Capital、コロプラの「Colopl VR Fund」、グリー、Kai Huang氏、Venture Reality Fund、Sinovation Fund、Youku Global Media Fund、CRCM VCが参加した。

SPACESは、今年2016年、米国カリフォルニア州サンタモニカに設立された会社。大手企業やブランド向けにVR/MRの技術を使ったマーケティングやブランディングを提供する。

SPACESでは、これまでに、Oculus Rift、HTC Vive、Microsoft HoloLens、Samsung Gear VR、PlayStation VR、Google CardboardといったプラットフォームでMicrosoft、NBCUniversal、Big Blue Bubble、The Hettema Groupなどと協力し合いながらVR/ARコンテンツの開発を行っている。

今回の資金調達によって、SPACESは、VR/MRを中心にさらなる事業拡大を進めていきたい考えだ。