VRの開発からマネタイズまでトータルサポート!VRizeがB DASHとSpeeeから資金調達、VR動画アプリ制作CMS『VRize Video』を発表

株式会社VRizeは、事業拡大のために、B DASH VENTURES株式会社、株式会社Speeeからシードラウンドで資金調達を実施したことを明らかにした。また、新サービスとして、高機能かつマルチプラットフォームのVR動画アプリを制作するCMS『VRize Video』を発表した。

株式会社VRizeは、本日(10月17日)、事業拡大のために、シードラウンドで資金調達を実施したことを明らかにした。

### B DASH VENTURES、Speeeから資金調達

今回の資金調達では、B DASH VENTURES株式会社、株式会社Speeeから、数千万後半の資金調達を実施した。

今回の資金調達について、株式会社VRize代表取締役社長の正田英之氏は、開発と採用を強化していきたい、とPedia Newsに語った。なお、正田氏によれば、B DASH VENTURESには主に経営面、SpeeeにはBizDev(ビジネスディベロップメント)面でサポートを受けていきたい、という。

### 新サービスVR動画制作CMS『VRize Video』

また同日、新サービスとして、高機能かつマルチプラットフォームのVR動画アプリを制作するCMS『VRize Video』を発表した。

『VRize Video』は、高機能・マルチデバイス対応のVR動画アプリを洗練されたUI/UXで制作するCMSサービス。主要機能として、360°動画の閲覧、VR空間内の大迫力スクリーンによる2D動画の閲覧、マルチプラットフォーム対応、ライブストリーミング、アナリティクスを持つ。これによって、『VRize Video』では、基盤システムの共通化によって、低価格・高品質・短納期でVR動画を制作できる。

VR動画アプリ制作CMS『VRize Video』

### VRアプリの開発からマネタイズまでトータルサポート

VRizeは「VRize the world」をミッションに掲げて設立された会社。現在、メンバー数は業務委託含めて7名。

今回、VRizeは、マネタイズのソリューションである『VRize Ad』に加え、『VRize Video』の提供を開始することで、VRアプリの開発からマネタイズまで総合的な支援を実現する。