Verizon、米国のYahoo!を約5,100億円で買収

米国の大手通信事業社Verizon Communicationsは、米国のYahoo!が持つオペレーション事業について、48億3,000万ドル(約5,100億円)で買収を合意した、と発表した。

米国の大手通信事業社Verizon Communicationsは、7月25日、米国のYahoo!が持つオペレーション事業について、48億3,000万ドル(約5,100億円)で買収を合意した、と発表した。

今回Yahoo!がVerizonへ売却するものは、検索エンジン、ニュースや、スポーツ、金融関連ツール、メールを含むWebサービスと広告などの中核事業で、Yahoo!の所有する現金や、アリババグループ、Yahoo! Japanの株式、非中核特許などは含まない。

今回の買収で、Yahoo!事業は、Verizon傘下のAOL部門へ統合される。これにより、Verizonは、新たに月間10億人のアクティブユーザーを持つサービスを抱える。

なお、買収は、Yahoo!の株主及び規制当局の承認後、2017年第1四半期に完了する予定。買収完了後、Yahoo!は社名変更するとしている。