VAZとHASSYADAIが大規模就活イベントを開催!DMMの協賛でDMM亀山会長と人気YouTuberヒカルのコラボが実現

インフルエンサーマーケティング事業、メディア事業を行う株式会社VAZと中卒高卒の地方の若者向け就業支援を行う株式会社ハッシャダイは、就業支援事業に関する協業の取り組みの一つとして8月5日〜7日(予定)に就業イベントを開催すること及び、株式会社DMM.comが本イベントに協賛することを発表した。

インフルエンサーマーケティング事業、メディア事業を行う[株式会社VAZ]( http://vaz.co.jp/ ){: target=”_blank”}と中卒高卒の地方の若者向け就業支援を行う株式会社ハッシャダイは、就業支援事業に関する協業の取り組みの一つとして8月5日〜7日(予定)に就業イベントを開催すること及び、株式会社DMM.comが本イベントに協賛することを発表した。

皆様のおかげもありまして、VAZは現在、日本最大級のYouTuberプロダクションにもなり、若年層に対して大きな影響力を持つ会社になることができました。しかし、VAZは単なるプロダクションではなく、今後、この大きな影響力を生かし、社会課題に対して真摯に向き合い、解決に向けて取り組んで参ります。(株式会社VAZ 代表取締役社長 森泰輝氏)

今回のイベントは、VAZ所属の人気YouTuber”ヒカル”が、DMMの亀山会長と対談し、イベントに関しての取り組みに協賛を呼びかけることで実現したもの。もともと、”ヒカル”が地方出身の高卒YouTuberであり、地方と東京との就業に関する情報格差に課題を感じていた一方、DMMでは創業者の亀山敬司氏が「経営者からの講義や実務体験を通して、これからの企業を支えていく知識や経験を提供する」”DMMアカデミー”を設立していたことが背景にあるという。
 

今回の協賛に関する対談の一部は、5月28日にヒカルのYouTube動画でも配信され、正式な対談内容は世界をログする書き起こしメディア”ログミー”にて配信されている。動画ではVAZ代表の森とヒカル、そしてDMMアカデミーの担当者達がDMMのイベント協賛の誘致をかけて真剣なやりとりをする様子が映されており、またログミーの記事では、VAZの代表である森、VAZ所属のYouTuberヒカル、今回の取り組みの協業企業であるHASSYADAI代表の久世、そしてDMM会長の亀山の4者が今後の取り組みについてビジネス観点で話しているという。

今回の取り組みの目的は、”高卒生にもっと多様な選択肢を提供する”こと。それに伴い8月5日〜7日(予定)に、地方の高校生に対して大規模な就業イベントを開く。DMMは協賛企業として、オフィス一体を会場として提供する。

これにより、全国各地から応募した高校生達は、憧れのYouTuberたちとともに、DMMのクリエイティブなオフィスという前衛的な働く”場”に触れ合うとともに、多様な企業や人と出会い、最新のサービスを体験し、人生における選択肢に多様性を感じてもらうことができる。なお、イベントに関する応募はアプリにて行われる。