Tokyo Otaku Mode、北米向けに日本のお菓子の販売/定期購入サービスを開始…日本のお菓子定期購入「Skoshbox」のサービスを統合

Tokyo Otaku Mode Inc.(TOM)は、本日、2016年10月1日(米国時間)より、北米向けに日本製菓子の販売及び定期購入サービスを開始したことを発表。定期購入サービスは月額制で、日本でおなじみのお菓子を毎月一度、自宅などに届ける。

Tokyo Otaku Mode Inc.(TOM)は、本日(10月3日)、2016年10月1日(米国時間)より、北米向けに日本製菓子の販売及び定期購入サービスを開始したことを発表。定期購入サービスは月額制で、日本でおなじみのお菓子を毎月一度、自宅などに届ける。

TOMは、2016年4月、このサービスの開始に先立ち、北米向けに日本のお菓子の定期購入サービスを展開し、7万個の配送実績があるSkoshbox,Inc.を100%子会社化した。これによって、TOMは、Skoshboxが持つ定期購入サービスのノウハウを取り込み、北米のオペレーション及びサービスを統合した。

今回開始する定期購入サービスでは、3つのプランを用意。月額12〜35ドル(約1,200〜3,500円)でお菓子の種類は4種類〜12種類を届ける。訪日外国人にも大人気の抹茶味のポッキーなど日本のお菓子を北米でも楽しめる。

なお、今後、TOMは、倉庫及び物流網の共通化による効率化や共同マーケティングなどを推し進め、定期販売型のサービスを拡大していきたい考えだ。