toBeマーケティング、Draper Nexus Venture PartnersとSalesforce Venturesから総額2億円を資金調達

マーケティングオートメーションの導入支援サービスを提供する、toBeマーケティング株式会社は、Draper Nexus Venture Partners,LLC、米国セールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Venturesを引受先とする総額2億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

DESCRIPTION

マーケティングオートメーションの導入支援サービスを提供する、toBeマーケティング株式会社は、6月14日、Draper Nexus Venture Partners,LLC、米国セールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Venturesを引受先とする総額2億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。今回の第三者割当増資は、2015年9月に実施したDraper Nexusからの増資に続き2回目となる。

toBeマーケティングは2015年6月に設立された会社。セールスフォース・ドットコム専業のアライアンスパートナーとして、マーケティングオートメーションであるSalesforce PardotとSalesforceのCRMを組み合わせた導入支援・活用コンサルティングを提供し、これまでに約170社の導入を支援している。

また、toBeマーケティングは、企業名アクセス分析サービスやマーケティングダッシュボードなど、Pardotと連携可能なアプリケーションの開発・提供をMAPlusシリーズとして提供。

今回の資金調達によって、toBeマーケティングは、市場の拡大に対応可能な導入支援コンサルタント並びにエンジニア人員の増員を行い国内市場のニーズに対応すると共に、マーケティングオートメーションの活用・効果を更に高めるアプリケーションサービスの開発を進め、マーケティングオートメーションを導入したお客様のカスタマーサクセスを更に実現したい考えだ。