TECH LAB PAAK、第6期生の成果発表会「OPEN PAAK DAY#6」を開催 #PAAK_jp

リクルートホールディングス<東証: 6098、リクルート>が渋谷で展開するオープンイノベーションスペース「TECH LAB PAAK(テック・ラボ・パーク)」は、第6期生の成果発表会「OPEN PAAK DAY#6」を開催。今期は、今年7月にスタートしたVRコース会員の成果発表の場でもあった。

リクルートホールディングス<東証: 6098、リクルート>が渋谷で展開するオープンイノベーションスペース「TECH LAB PAAK(テック・ラボ・パーク)](http://techlabpaak.com/){: target=”_blank”}」は、12月20日、第6期生の成果発表会「[OPEN PAAK DAY#6」を開催。今期は、今年7月にスタートしたVRコース会員の成果発表の場でもあった。

第6期生の成果発表会では、審査員として、500 Startups Japan マネージングパートナー 澤山陽平氏、コロプラネクスト 代表取締役社長 山上愼太郎氏、LINE ビジネスプラットフォーム事業室 戦略企画担当ディレクター 砂金信一郎氏、アマゾン ウェブサービス ジャパン 事業開発マネジャー 畑浩史氏、リクルートホールディングス Media Technology Lab.室長 麻生要一氏が参加した。

今回、Pedia Newsでは、第6期生の成果発表会「OPEN PAAK DAY#6」内の3分ピッチに登壇した第6期PAAK会員(通常・VRコース)を登壇順にご紹介する。

### OTON GLASS
#### OTON GLASS 島影圭佑氏

OTON GLASSは、文字を読むことが困難なディスレクシアの方や弱視の方を対象とした、読む行為をサポートするスマートグラス。視点と同一位置にあるカメラで、ユーザーが読みたい文字を撮影し、それをOCR(文字認識技術)で音声に変換し、読み上げることによって、ユーザーは内容を理解することができる。

### CrossMentor
#### ブライトビュー 島本佳紀氏

CrossMentorは、社外のエグゼクティブに長期メンタリングを受けられる人材開発サービス。企業にとって、人材開発は最重要課題であり、スキル向上・キャリア支援に対してOJTやLMSにはない熟練のインタラクションを活用する。特に、マネジメント問題・エース社員の離職・女性キャリアといった課題の解決を実現する。

### marry
#### marry 津崎春乃氏

marryは花嫁の為のアイデアサイト。結婚式準備に関する記事を掲載しており、現在までに約6000記事を紹介。月間PV数は800万で、インスタンのフォロワーは67,000。

### ゴトウビ
#### BANIRA 杉本大輔氏

売掛金・買掛金を保持する事業者が請求書をもとに割引いた金額での支払いを早めに実現する事ができるプラットフォーム。

### Orario
#### Orario 芳本大樹氏

Orarioはハイクラス大学生のための履修管理アプリ。これまでの常識を覆す時間割の自動生成、大学システムと連携したサービス。

### Craftie
#### Craftie 康瑛琴氏

Craftieはアート・ものづくりのワークショップに特化した予約サービス。パステルアート、フラワー、DIY、キャンドル作り等を気軽に予約できる。また、Francfranc、CCC、KITTE、銀座や日比谷の結婚式場、行政等との連携がリリース前から決定しており、オフライン・オンラインの垣根を超えた過去にないサービスエクスペリエンスを提供していく。

### Embody Me
#### Paneo 吉田一星氏

Embody Meは、顔写真一枚から自分そのままの3Dモデルを作ることで、360度画像・映像を使った現実空間の中で、グループチャットができるサービス。顔の表情を読み取ったり、手の動きから身体の動きを推定し、アバターに反映することで、その場にいるような臨場感と存在感を実現する。

### The Gunner of Dragoon
#### サークルハイドレンジャー 渡部晴人氏

The Gunner of Dragoonは、VR時代のゲームとは何かを模索して個人で進行中のクリエイティブプロジェクト。視覚(HMD)だけではなく聴覚(立体音響+ヘッドホン)と触覚(ハンディコントローラ、サーキュレーター、ロデオマシン)を追加することで、従来のゲームでは得られなかった体験を味わう事ができる。

### VRize Ad / VRize Video
#### VRize 正田英之氏

VRizeでは、”VRに特化した動画アドネットワーク「VRize Ad」とハイエンドVR動画アプリ制作CMSの「VRize Video」を運営。VR事業の立ち上げからマネタイズまでトータルで事業化を支援する。

### STYLY
#### Psychic VR Lab 山口征浩氏

STYLYは”ファッションに、ふたたび魔法のチカラを取り戻す”をコンセプトにしたファッションVRショッピング。VRを用いたファッションの表現・ショッピングの体験を提供することで、物理的な制約から開放されたVR空間で、ブランドストーリーの表現の場を提供し、空間自体もファッションとして楽しむ”着る空間”を生み出す。

### HoloEyes VR
#### HoloEyes 谷口直嗣氏

HoloEyes VRは、医療分野でVRを活用することで、CTスキャンデータから3Dモデルを作成して、VRで体の構造を見れるビューワーを医療機関向けに提供する。3Dの人間の構造をそのまま3D VRで見て、その中でコミュニケーションをすることで、手術前のイメージの共有、手術後のアーカイブ、患者への説明に役立てることができる。

また、患者の同意を得たデータはライブラリ化し、さまざまな症状、部位のVRデータを閲覧できるようなサービスを開発中。これにより、医療の現場からトレーニング、研究、教育までの幅広くデータを提供することを目指す。

### GITAI Project
#### MacroSpace 中ノ瀬翔氏

GITAI Projectでは、VR端末で自分の分身のように遠隔操作できるロボット・専用ソフトウェアを開発する。”テレイグジスタンス(遠隔存在感)”と呼ばれる研究領域で、人間の身体能力を拡張させることを目指す。

また、XPRIZE財団が2020年に開催予定のテレイグジスタンスロボットの国際賞金レース(総額22億円)”ANA AVATAR X PRIZE”に民間チームとして出場し、優勝を目指している。