TBSテレビとC Channel、デジタルサイネージ「キャンパスTV」と動画配信「C CHANNEL」で共同セールス開始

株式会社TBSテレビとC Channel株式会社は、10月5日から大学生向けデジタルサイネージ情報提供サービス「キャンパスTV」および若者向け動画ライフスタイルマガジン「C CHANNEL」で共同広告販売を開始することを発表した。

株式会社TBSテレビとC Channel株式会社は、本日(10月11日)、10月5日から大学生向けデジタルサイネージ情報提供サービス「キャンパスTV」および若者向け動画ライフスタイルマガジン「C CHANNEL」で共同広告販売を開始することを発表した。

今回の発表で、TBSテレビは、2016年3月のC Channelへの出資にあわせて、2016年4月のスマートフォン向けオンライン動画事業での業務提携の発表に続き、10月5日からTBSテレビが大学生協(大学生協 東京事業連合、他)、大日本印刷の協力のもと実施している大学生向けデジタルサイネージ情報提供サービス『キャンパスTV』でCChannelとの共同広告販売を開始する。

『キャンパスTV』は、大学構内の生協食堂や生協購買店などに大型ディスプレイを設置しニュースや天気などの生活情報をはじめ、学校行事、大学生協からの情報など、大学生に役立つ多様な情報を配信するサービス。運営はTBSテレビ・大日本印刷・大学生協 東京事業連合など各地の大学生協が行い、TBSテレビが番組編成やコンテンツ制作、広告販売を担当する。現在、日本全国68大学、126面、視聴可能学生総数は約50万人まで拡大中。

今回の発表によって、TBSテレビとC Channelは、日本全国68大学の大学構内生協食堂や生協購買店に設置した大型ディスプレイ126面で展開する『キャンパスTV』とTeen、F1層を中心に月間約2.5億回再生を誇る『C CHANNEL』で若者向けのオリジナル動画広告を制作・配信し、大学生をメインターゲットとしてTeen、F1に特化したセールスを意識するスポンサーの要望に応えていきたい考えだ。