TBSイノベーション・パートナーズ、スポーツマーケティング事業を運営するAmazing Sports Lab Japanへ出資

株式会社東京放送ホールディングス(TBS HD)の子会社で、企業への出資・連携を推進するTBSイノベーション・パートナーズ合同会社(TBS-IP)は、TBS HDとの共同出資によるファンドから、株式会社Amazing Sports Lab Japan(ASLJ)へ出資を実施したことを発表。

株式会社東京放送ホールディングス(TBS HD)の子会社で、企業への出資・連携を推進するTBSイノベーション・パートナーズ合同会社(TBS-IP)は、9月29日、TBS HDとの共同出資によるファンドから、株式会社Amazing Sports Lab Japan(ASLJ)へ出資を実施したことを発表。

ASLJは、サッカーを中心とした国内スポーツの普及拡大およびその分野でのグローバル人材の発掘・育成を経営理念とし、大会運営、キャンプ・スクールの運営、選手マネジメント、Eコマース等の各種事業に取り組んでいる。特にFCバルセロナと提携し同社が運営するキャンプ・スクール事業は、そのバルセロナ・メソッドでの質の高いトレーニングが好評で、このキャンプから輩出される将来有望な選手のサポート活動も長年、手掛けている。

さらに、ASLJは小学生年代の国際大会「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」を主催。今年もFCバルセロナ、マンチェスターシティのU-12が来日し、Jリーグ下部、東京都選抜、街クラブ選抜、国内強豪街クラブの各チームによる激戦の場となった。世界で活躍することを夢見る日本の子供達が海外の強豪クラブと戦い交流するまたとない機会であり、スカパー!でも生中継され、世界80カ国以上から同大会のインターネット動画へのアクセスがあるなど国内外で大きな反響を呼んでいる。

今回の出資によって、TBSグループは、2020年の東京五輪およびその後に向けて注目が高まるスポーツ分野において、ASLJの事業を支援しながら、新たな事業モデルを開発していくことを目指す。

具体的には、ASLJ主催の大会、キャンプ・スクール事業の支援やメディア協力、Eコマース事業やインターネットビジネスの開発などによる連携を推進していく予定。