Speee、技術顧問に元クックパッドの藤吾郎氏が就任…「テクノロジーカンパニーとしてのSpeee」を目指す

株式会社Speeeは、元クックパッド株式会社エンジニアの藤吾郎氏が技術顧問に就任したことを発表した。

株式会社Speeeは、8月15日、元クックパッド株式会社エンジニアの藤吾郎氏が技術顧問に就任したことを発表した。

藤吾郎氏は、株式会社クックパッドのモバイル開発基盤のエンジニアとして開発体制の確立に努め、Androidに関するツールやライブラリの開発者として実績を残されている他、技術者向けイベントでの登壇や専門誌への寄稿などをされている、モバイル開発のエキスパート。

Speeeは、2007年時の創業事業としてWebマーケティング事業のSEOからはじめ、現在ではインターネットメディア事業、医療事業や海外メディアなど幅広い領域で事業を行う。

Speeeでは、事業展開のスピードを高めていくため、2015年に技術顧問としてRuby開発者のまつもとゆきひろ氏を、開発部顧問として元クックパッド技術部長の井原正博氏を迎えている。両顧問サポートのもと開発体制を刷新、技術レベルの向上に努めるとともに事業領域の拡大を進めてきた。

今回の発表で、Speeeは、ネイティブアプリケーション領域を中心とした技術顧問として藤吾郎氏を迎え、「テクノロジーカンパニーとしてのSpeee」を目指し、さらなる技術力の強化を進めることで事業を推進していきたい考えだ。

#### 【藤吾郎氏 略歴】
株式会社ビットジャーニー エンジニア。株式会社ディー・エヌ・エーやクックパッド株式会社でのエンジニア経験を経て、2016年8月よりビットジャーニーに入社。 Webやモバイル技術のエコシステムに関心があり、近年はAndroid関連でツールやライブラリをOSSとして多数公開。DroidKaigiの運営スタッフも務める。