Skyland Ventures、新UI・人工知能・ソーシャルを融合した次世代ブラウザ「Smooz」のアスツールへ出資

インターネット分野のシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルであるスカイランドベンチャーズ株式会社は、本日、新UI・人工知能・ソーシャルを融合した次世代ブラウザ「Smooz(スムーズ)」提供するアスツール株式会社へ投資を実行したことを発表。

インターネット分野のシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルであるスカイランドベンチャーズ株式会社は、本日(9月26日)、新UI・人工知能・ソーシャルを融合した次世代ブラウザ「Smooz(スムーズ)」提供するアスツール株式会社へ投資を実行したことを発表。

アスツール株式会社は、2016年3月、「人間の能力を拡張する未来の道具を創る」ことをミッションに設立された会社。代表者の加藤雄一氏はソニー、楽天で一貫してスマホ関連プロダクトの企画・立ち上げに携わり、個人開発者としてもApple Watch Best of 2015を受賞した人物。アスツールでは、次世代ブラウザ「Smooz」を開発。

「Smooz」の特徴は、①考え抜かれたタブ操作、②文字入力しない検索、 ③スマートブックマークの3つだ。

①の「考え抜かれたタブ操作」では、検索結果をタブで開くことで、片手で簡単に、横スワイプでタブを切り替えることができ、縦スワイプでタブを消すことができる。

②の「文字入力しない検索」では、読んでいるページを人口知能(AI)が解析することで、次の検索単語を予測してくれる。これにより、ユーザーは単語をタップするだけで簡単に検索できる。

③の「スマートブックマーク」では、ブックマークを投稿すると、ホームタブに毎日自分好みの記事が届けられる。また、ウェブページの他のユーザーの反応も見ることができる。