Sequoia Capitalの出資先Girnar Software、シリーズCでGoogle Capitalから資金調達

Sequoia Capital出資先でインド・ラージャスターン州ジャイプルのソフトウェア企業Girnar Softwareは、Google Capitalと既存投資家のHillhouse CapitalからシリーズCで資金調達を実施した、と発表した。

Girnar

インド・ラージャスターン州ジャイプルのソフトウェア企業Girnar Softwareは、3月21日、Google Capitalと既存投資家のHillhouse CapitalからシリーズCで資金調達を実施した、と発表した。資金調達の詳細については明らかにされていない。

同社は、2007年、Amit Jain氏とAnurag Jain氏によって設立された会社。Java、J2EE、PHP、C、C++などのプログラミング言語での開発を得意とし、ウェブとモバイルアプリの自社開発と受託開発を行う。現在、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシアに拠点をもつ。

これまでに、シリーズAでSequoia Capitalから1,500万ドル(約17億250万円)、シリーズBでSequoia Capital、Hillhouse Capital、Tybourneから5,000万ドル(約56億7,500万円)を調達している。

今回の資金調達によって、同社は、技術開発を進め、インド国内外の研究開発を推し進め、アジアと中東へ進出していきたい考えだ。