SaaS関連領域ベンチャーファンド「REALITY ACCELERATOR」、「ソネット・メディア・ベンチャーズ」より資金調達

REALITY ACCELERATORは12月18日、ソネット・メディア・ネットワークスのコーポレートベンチャーキャピタル「ソネット・メディア・ベンチャーズ」より調達

REALITY ACCELERATORは70社以上へのアクセラレーション支援を行ってきたシードアクセラレーター/ベンチャーキャピタルで、国内スタートアップへの投資・スタートアップ育成活動も活発。ソネット・メディア・ベンチャーズはREALITY ACCELERATORのネットワークやスタートアップ育成ノウハウを活用しながら、国内ベンチャー企業支援・新規事業領域への取り組みに力を入れていく。


(写真左:REALITY ACCELERATOR 郡 裕一 写真右:ソネット・メディア・ベンチャーズ 吉村 崇司)

ソネット・メディア・ベンチャーズはグループ会社が保有する人工知能「VALIS-Engine(ヴァリス・エンジン)」やビッグデータのリアルタイム処理技術、デジタルマーケティング領域など、幅広い知見とリソースを活用。REALITY ACCELERATORは投資先・支援先・ネットワーク先とのコラボレーション可能性を探索し、共に新規事業領域の価値創出を目指す。

REALITY ACCELERATORは今後も以下のような事業会社・大企業とのアライアンスを拡大・強化予定だ。

・現状のオープンイノベーション施策をさらに具体的にしたい事業会社

・オープンイノベーションにこれから取り組みたい事業会社

・スタートアップへの投資を行なっていきたい事業会社/CVC

ファンド概要

ファンド名称:Reality Accelerator 1号投資事業有限責任組合
ファンド規模:最大13億円
投資対象:SaaSスタートアップ
投資地域:国内、ヨーロッパ

関連リリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000029199.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000013903.html