Psychic VR Lab 山口社長「ファッションVRショッピング『STYLY』で ”空間を着る” 文化を世界で築く」 創業からColopl VR Fundの資金調達の裏側と今後の展望を語る

VR技術を用いたファッションVRショッピングサービス『STYLY(スタイリー)』を手がけるPsychic VR Lab(サイキックVRラボ)。今回、Pedia Newsでは、Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩氏にインタビューを実施し、起業からこれまでの軌跡と、今後の展望を伺った。

人間が本来もつ力以上に能力を拡張して人類を本質的に変える、それが「VR」の真骨頂なのかもしれない。

VR技術を用いたファッションVRショッピングサービス『STYLY(スタイリー)』を手がけるPsychic VR Lab(サイキックVRラボ)。Psychic VR Labは、リクルートが運営するTECH LAB PAAK(テックラボパーク)VRコース第1期生。昨年2016年には、エンジェルラウンドで資金調達、シードラウンドで資金調達を実施している。

今回、Pedia Newsでは、Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩氏にインタビューを実施し、起業からこれまでの軌跡と、今後の展望を伺った。

[Psychic VR Lab社内ハッカソンの様子]

人間の本来もつ力以上に能力を、VRによって拡張することで、人類を本質的に変える。まるで超能力(サイキック)のように、現実と仮想現実、生命とコンピューター、生と死、自分と他人などの境界線をなくしていく。VRに秘められた可能性に魅了され、その未来を実現させようとするのが「Psychic VR Lab」である。Psychic VR Labは、2014年にラボとして設立し、2016年5月に法人化した会社。

**Oulus Rift DK1が発売されたときに、人間の本来持つ力以上のものをVRが拡張して本質的に変えていく時代が本格的に到来したのではないかと感じました。これまでのテクノロジーは、人間の力を拡張してきましたが、VRは人間の身体性や精神性をも拡張し、人々の生活、人間の価値観、ひいては人類を本質的に変えると思いました。いずれは、世界中の十数億人の人たちが日常的にVRを8時間以上触れる時が来ると考えています。その時には、人間が現実世界で見ている世界と、コンピューターが作り出したVRの世界が融合された世界に私たちは生きていると思います。そこでは、日常に取り入れられる「ファッション(衣)」としてのVRが非常に重要な役目を果たすと考えています。もちろん、現実の方が肌触りもありますし、VRが現実を代替するものになるとは思っていません。VRは人と服との関係性、ブランドの表現の在り方を大きく変えるものと思っています。僕らは、VRで、店頭やウェブでは体験できなかったような新しいショッピング体験を提供することを目指しています。今も作っては壊してを繰り返しながらサービスを開発しています。**(Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩氏)

東証マザーズ上場企業での経営経験、MITへの留学経験をもつ山口氏が率いるPsychic VR Labでは、ファッションVRショッピングサービス『STYLY(スタイリー)』を手がける。

『STYLY』では、 アパレル専用高精細3Dスキャナを用いて撮影されたファッションアイテムとVR技術により、仮想空間上にファッションブランドの世界観を再現し、これまでにない新しいショッピング体験を提供する。主に、店頭での販売促進、展示会や新作の発表会、プロモーション等で利用されている。2016年は、デジタルハリウッド大学大学院と三越伊勢丹との産学連携、フィレンチェで開催された世界最大の紳士服飾の祭典PITTI IMAGINE UOMOの世界のVRでの再現。さらに、伊勢丹新宿店で開催された「2016彩り祭」ではHATRA・BALMUNG・chlomaの3ブランドの世界を再現した。

**STYLYの構想は、もともとファッションデザイナーと一緒に始めた取り組みがキッカケでした。ファッションデザイナーからこれまでに実店舗やインターネットだけでは再現できなかったブランドの持つクリエイティビティを、ヴァーチャル上に再現できたと非常に喜ばれました。僕らは、ブランドのもつ世界、その空間自体を身にまとい「空間を着る」ことをしてもらいたいと考えています。実際にSTYLYを体験したお客さんからは「ブランドの空間にずっといたい」「その空間の中で生活したい」とおっしゃっていただいて、僕らも想像以上の反響を得ていて驚いています。最近では、ファッションブランド業界でストーリーテリングが注目されており、シアターやカフェなどをもつことも増えています。今後、VR技術の開発が加速されていくことが予想される中で、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の小型化、画質の向上、低コスト化などが進み、日常にVRが浸透していくと思います。VR技術を普及させ、VRでファッションを表現し楽しんでもらうためには、ビジネスだけでなく文化も作り、プラットフォームとして使ってもらいたいと考えています。その中で、僕らは、これまでウェブだけではできなかった「空間を着る」という新しい文化を広めていきます。そのためにも、ファッションにおけるVRの可能性やブランドに対して「空間を表現する」こと自体を知ってもらいたいと思い、FashionTech Summit](http://fts001.fit-innovationlab.com/){: target=”_blank”}ではVRを用いたファッションテックハッカソンを、Brdge of FashionとはFashion VR Nightを開催するなどファッション業界へのVRの啓蒙活動にも力を入れています。また今春開校される[Tokyo FASHION technology LABではファッションVRコースを立ち上げます。**(Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩氏)

[Psychic VR Lab社内ハッカソンの様子]

また、Psychic VR Labは、昨年(2016年)夏に実施したエンジェルラウンドに続いて、昨年末には、シードラウンドでColopl VR Fund等から資金調達を実施したばかりである。なお、エンジェルラウンドには、大手繊維商社タキヒヨーでの経営企画担当役員・VC立ち上げのキャリアも持つの中村匡氏、ISID執行役員・イノラボ初代所長を歴任し事業構想大学院大学特任教授の渡邊信彦氏、イーブックイニシアティブジャパン共同創業者の高嶋晃氏、個人投資家で京都大学客員准教授の瀧本哲史氏等が参加している。

**シードラウンドの資金調達では、いろいろな方々とお話しさせていただきましたが、コロプラに出資していただくことに一番こだわりました。というのも、Colopl VR FundがVRの未来を1番信じているファンドだと思ったからです。コロプラの馬場さんは、VRに対する理解度も思い入れも圧倒的に他の方々と異なると感じています。馬場さんに「僕の方が君よりVRの未来をまだ信じている」と言われて、頭を打たれたような衝撃がありました。僕自身、腹を決めてVR事業に取り組んでいたつもりなだけに、馬場さんの言葉が相当に響きました。新しい未来を創っていくには自分自身の描く未来を信じ、信じたからにはそれをやりきればいいと思います。**(Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩氏)

[Psychic VR Lab社内ハッカソンの様子]

ひと昔前ならSFの世界だったかもしれない。しかし、VRという新しい技術が登場したことで、これまで遠い未来と思われていた世界が、今リアルに感じられるようになっている。まさに、夢にまでみた魔法の世界を作るPsychic VR Lab。最後に、山口氏は、今後の展望について次のように語ってくれた。

**今後は、大きく3つの戦略を進めていきます。まず1つ目は「クリエイターからの展開」です。具体的にはブランド側が自分たちの思い描いている世界を表現するために、クリエイティブツール『STYLY Creative Suite』を今春リリース予定です。STYLY Creative Suiteは、英語での提供開始を想定しており、先行して海外で展開していきます。国を問わずに、クリエイターのみなさんに使ってもらえるようにしていきたいです。次に2つ目は「ブランドからの展開」です。具体的には、ブランドや百貨店、雑誌などとの提携を進め、ブランドにアプローチをしていきたいと考えています。最後に3つ目は「ツール連携からの展開」です。僕らのサービスと相性が良い、他のツールとの連携を進めていきます。**

**今月(2017年1月)からCTOとしてAll Japan VR Hackathonで優勝をしたエンジニアのAFJK氏がジョインしています。今まさに開発を進めている最中なのですが、僕としては、空気感で仕事を進めることができるチーム作りを心がけています。VRを作っている時はこども心が大事だし、大人力が必要な部分は株主でもある大人な方々に協力していただいています。その結果、エンジニアもメディアアーティストもクリエイティブディレクターも多様なバックグラウンドで優秀なメンバーを集めることができたのだと思っています。**

**僕もエンジニアですが、もともと開発できたわけではありません。20代の頃、大学を中退して、ビジネスがやりたくてベンチャーに入社しましたが、悪い意味で意識高い系みたいなところがあり、自分では何もできませんでした。それがショックで、プログラミングの勉強をはじめて、半年で7言語を習得しました。今、スタートアップを始めやすい環境ではありますが、必ずしもうまくいくとは限りませんし、失敗することも多いです。これから開拓されていくVRという市場だからこそ、失敗を恐れずイノベーションを起こしていきたいと思います。**(Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩氏)