PR TIMES、地方展開加速へ…全国650以上の自治体とリレーションを持つホープと業務提携、地方創生に必要な自治体広報のIT活用を推進

PR TIMESは、自治体に特化したサービスを展開するホープとの間で、全国の地方自治体の広報支援を推進することについての業務提携に関する契約を締結することを決定。今回の業務提携では、①プレスリリースWeb配信サービス「PR TIMES」の提供、デジタルPR企画、②両者運営サイト&アプリの連携掲載、③自治体PRセミナーの開催、を行う。

PR TIMESは、本日(11月24日)、自治体に特化したサービスを展開するホープとの間で、全国の地方自治体の広報支援を推進することについての業務提携に関する契約を締結することを決定。

今回の業務提携では、①プレスリリースWeb配信サービス「PR TIMES」の提供、デジタルPR企画、②両者運営サイト&アプリの連携掲載、③自治体PRセミナーの開催、を行う。

①の「プレスリリースWeb配信サービス「PR TIMES」の提供、デジタルPR企画」では、ホープの取引先自治体に対して、ホープを通じた”ホープ連携特別プラン(配信開始から1か月間配信費が無料となる特典付き定額プラン)”による「PR TIMES」の提供を促進。それに向け、ホープが地方自治体に対する導入提案・販売代行を行う。また、デジタルメディアに対するPR戦略の提案を希望する自治体には、PR TIMESのPRプランニングチームが企画提案・実行。

②の「両者運営サイト&アプリの連携掲載」では、「PR TIMES」で配信する自治体・官公庁のプレスリリースを対象に、ホープが運営するスマートフォン向け行政情報アプリ「マチイロ」で連携して、コンテンツ掲載を行う。

③の「自治体PRセミナーの開催」では、効果的な広報施策を求める自治体、あるいは情報をどのように選別し発信していくべきか迷う自治体の広報担当者を対象に、PR TIMESとホープが連携して、自治体 PR セミナーを開催。

これにより、PR TIMESは、ホープが持つ、全国に1,963ある自治体の中で650を超える自治体との良好なリレーションを活用することで、地方展開を加速していきたい考えだ。