Planetway Corporation、事業拡大を目指し資金調達を実施 Mistletoe株式会社との戦略パートナーシップを締結

米Planetway Corporationは、国内外の事業の強化を目的として、Mistletoe株式会社を引受先とする資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達によって、「avenue-cross」事業強化の為の人材採用、プロダクト開発及びマーケティング強化を目指す。また、今回の資金調達で引受先となるMistletoeとは、パートナーシップを結び、今後共同でのビジネス展開も検討しているという。

米Planetway Corporationは、国内外の事業の強化を目的として、Mistletoe株式会社を引受先とする資金調達を実施した、と発表した。

Planetwayは現在、世界200カ国で利用可能なグローバル通信サービスを提供し、IoTの新規事業創出に特化したプラットフォーム「avenue」を開発中。開発拠点をエストニアに置き、「avenue」のコアテクノロジーであるCross-Industry Data-Access(複数業界間でのデータ連携)に特化した「avenue-cross」を展開する。

また、複数のOpen/Closedデータベースを組み合わせてデータに新たな付加価値をもたせる“独自AIベースデータ解析エンジン(Elixir)”の構築も視野に入れている。グローバル通信環境、IoT、データの3つのキーワードを事業の柱として、世界規模のビジネス展開を目指している。

今回の資金調達によって、「avenue-cross」事業強化の為の人材採用、プロダクト開発及びマーケティング強化を目指す。また、今回の資金調達で引受先となるMistletoeとは、パートナーシップを結び、今後共同でのビジネス展開も検討しているという。