Omise、リンク型ペイメント「Links」開始…SNSやメッセージングアプリからクレジット決済が可能に

日本および東南アジアでオンライン決済サービスを展開するOmise Holdings Pte., Ltd.は、本日(11月7日)、SNSやメッセージングアプリ上で商品を販売するソーシャルコマースやBtoBビジネスに最適なリンク型決済機能「Links(リンクス)」を提供開始した。

日本および東南アジアでオンライン決済サービスを展開するOmise Holdings Pte., Ltd.は、本日(11月7日)、SNSやメッセージングアプリ上で商品を販売するソーシャルコマースやBtoBビジネスに最適なリンク型決済機能「Links(リンクス)」を提供開始した。

「Links」は、自社ウェブサイトを持たずに、Omise Payment商用環境アカウントをお持ちの加盟店であれば、固有のURLをメール、メッセージングアプリやSNSでお客様に送るだけでクレジットカードでのお支払いを受け付けることができる。チャット型のカスタマーサポートや個人の嗜好に合わせたレコメンド機能といった購買促進機能と併せてLinksを活用することで、ユーザーは様々なコミュニケーションツール上で商品の購入まで完結できるようになった。

また、ユーザーのクレジットカード情報は、Omise Paymentが提供するPCI-DSSに完全準拠したセキュアで安全な決済環境内で処理されるため、加盟店はクレジットカード情報の伝送、処理、保管といった機密情報取扱のリスクを持たずに利用できる。

さらに、Linksで支払われた課金は、Omise Payment管理画面に集約されるので、ECサイト経由の課金同様に、ワンクリック返金やCSVレポート作成など経理作業での簡便化にも活用できる。