Next Insurance、シードで約14億円調達…Intuitに約400億円でイグジットした元Check創業者が設立

米国・パロアルトで中小企業向けにオンライン保険サービスを提供予定のNext Insuranceは、3月15日、シードで1,300万ドル(約14億4,950万円)を資金調達した、と発表した。Next Insuranceは、米国会計ソフト大手Intuit<NASDAQ: INTU>に3億6,000万ドル(約401億4,000万円)でイグジットした元Checkの創業者らが設立した会社。

Next Insurance

米国・パロアルトで中小企業向けにオンライン保険サービスを提供予定のNext Insuranceは、3月15日、シードで1,300万ドル(約14億4,950万円)を資金調達した、と発表した。

今回のラウンドは、Zeev Ventures、TLV Partners、Ribbit Capitalが参加した。

同社は、元Checkの共同創業者兼CEOであるGuy Goldstein氏、元CheckのCTOであるAlon Huri氏、元Checkの研究開発部門の責任者であるNissim Tapiro氏によって設立された会社。

同社の創業者らを輩出したCheckは、請求支払い確認アプリを提供していた会社。2014年6月に、米国の会計ソフト大手企業Intuit<NASDAQ: INTU>が3億6,000万ドル(約401億4,000万円)で買収してイグジットした。つまり、同社は、FinTech分野における元Check創業メンバーらの新たな挑戦と言える。

彼らが挑戦するものは、米国国内で1兆ドル(約111兆5,300億円)にも及ぶ「保険市場」だ。特に、約1,000億ドル(約11兆1,530億円)の中小企業向け保険・会計市場がターゲットだ。

米国には、中小企業が2,800万社あり、毎月50万社が新しく創業される。企業は保険に加入しようとすると、保険代理店との煩雑な取引を行わなければならない。そこで、同社では、中小企業向けに、スマートフォンとウェブから簡単・迅速にアクセスできる上に、透明性も高い保険サービスを提供する。

今回の資金調達で、同社は、サービス開発を進め、さらに採用を強化することで、今春、正式にサービスを開始する予定だ。