MITスピンアウトのLTG Exam Platform、シリーズAで約6億円調達

米国・ボストンのLTG Exam Platformは、3月3日、Square Peg Capital、MITのEdward Roberts氏、MITのMitch Roberts氏などから、シリーズAで532万5,000ドル(約5億9,896万円)を調達した、と発表した。

LTG Exam Platform

米国・ボストンのLTG Exam Platformは、3月3日、シリーズAで532万5,000ドル(約5億9,896万円)を調達した、と発表した。

今回のラウンドは、Square Peg Capitalがリードで、Atlas VentureとJamie McCourt氏、MITのEdward Roberts氏、MITのMitch Roberts氏、Living Mountain CapitalのMargot Lebenberg Carter氏、Brian Shin氏、Eric Dobkin氏などの複数の個人投資家が参加した。

同社は、2012年、Elad Shoushan氏によって設立されたMIT(マサチューセッツ工科大学)スピンアウト会社。学生に、よりスマートに最適化したGMATやSATといった世界標準の試験対策をスマートフォン向けアプリで提供する。

今回の資金調達により、同社は、シニアクラスのマネージャーの採用を進め、プロダクト、エンジニアリング、ユーザーエクスペリエンス、ブランディングなどの事業戦略を強化していきたい考えだ。