Microsoft、アプリ開発支援ツール企業Xamarinを買収

米国のMicrosoftは、2月24日、米国のアプリ開発支援ツール企業Xamarinを買収することで合意したことを発表した。

Microsoft_Xamarin

米国のMicrosoftは、2月24日、米国のアプリ開発支援ツール企業Xamarinを買収することで合意したことを発表した。買収契約の詳細については明らかにされていない。

Xamarinは、2011年、Joseph Hill氏、Nat Friedman氏、Miguel de Icaza氏によって設立された会社。同社では、開発者に、C#言語のモバイルアプリ開発とiOSアプリ、Androidアプリ、Windowsアプリなど主要なデバイスで利用可能なネイティブアプリの開発を支援する。C#言語はMicrosoftが提供する統合開発環境Visual Studioでも利用されている。

Xamarinの顧客には、Alaska Airlines、Coca-Cola Bottling、Thermo Fisher、Honeywell、JetBlueやSuperGiant Games、Gummy Dropがある。現在、120 カ国で1万5,000社以上で導入されており、ユニーク顧客数は130万である、という。

今回の買収により、Microsoftは、プラットフォームの統一化を図るべく、Visual Studio、Microsoft Azure、Office 365、エンタープライズ向けモバイル環境にXamarinを統合していく、としている。