LINE広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」、台湾ユーザーへ運用型広告のテスト配信開始

LINEは、運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、台湾ユーザーへの運用型広告のテスト配信を開始した。なお、今後、台湾において、配信面や取扱量の拡大を進め、本格公開の準備を進める予定だという。

LINE](https://linecorp.com/ja/){: target=”_blank”}は、[12月12日、運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、台湾ユーザーへの運用型広告のテスト配信を開始した。

「LINE Ads Platform」は、LINEおよびLINE関連サービスを対象とした広告配信プラットフォーム。2015年より、LINEのタイムラインでの広告表示テストを開始し、2016年6月からは、運用型広告配信システムの導入、LINE NEWSサービス内の広告配信をはじめ、日本での本格運用を開始。2016年11月末時点では、600以上の企業・ブランドに利用されている。

また、「LINE Ads Platform」は、日本以外のLINEおよびLINE関連サービスにおける掲載面追加についても推進している。その一環として、LINEがメッセンジャーアプリとしてNo.1のシェアを誇る台湾において、2016年2月からタイムラインへの純広告配信を開始していた。

今回の発表によって、台湾のLINEのタイムラインの一部配信面において、「LINE Ads Platform」を活用した運用型広告のテスト配信を開始していきたい考えだ。なお、今後、台湾において、配信面や取扱量の拡大を進め、本格公開の準備を進める予定だという。