LINEモバイル、LINE上で24時間365日問い合わせ可能なチャットサポート「いつでもヘルプ」の運用開始

LINEモバイルは、同社が運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」において、LINEを活用したチャットサポート「いつでもヘルプ」の運用を開始したと発表。なお、「いつでもヘルプ」は、LINEモバイルの公式アカウントに、LINE社が提供する法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」を導入することで実現した。

LINEモバイルは、同社が運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」において、12月14日より、LINEを活用したチャットサポート「いつでもヘルプ」の運用を開始したと発表。

LINEモバイルは、これまで電話および、メールでの問い合わせ窓口を設けていたが、ユーザーとのコミュニケーションをより円滑にし、利便性を向上すべく、時間を問わずいつでも手軽に問い合わせが可能なチャットサポート「いつでもヘルプ」を導入したという。

「いつでもヘルプ」は、LINEモバイル公式アカウント( @linemobile )のチャット機能において、事前に登録するFAQをベースにしたAI(人工知能) による自動応答と有人対応を組み合わせたカスタマーサポートサービス。

ユーザーは、24時間365日いつでもLINE上で問い合わせをし、リアルタイムで回答を得ることができるほか、問い合わせ内容によってはカスタマーセンターのオペレーターと直接LINE上でやりとりすることも可能。

オペレーターによる応対時間は10:00~19:00(年中無休)で、時間外の問い合わせはAI(人工知能) による自動応答の応対のみとのこと。オペレーター対応は、LINEモバイルの利用者が対象となり、利用にはLINEモバイル公式アカウント上で契約者(もしくは利用者)連携が必要。

なお、「いつでもヘルプ」は、LINEモバイルの公式アカウントに、LINE社が提供する法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」を導入することで実現した。AI(人工知能) による応対は、PKSHA Technologyが提供する汎用型対話エンジン「BEDORE(べドア)」の自然言語処理機能や深層学習(ディープラーニング)機能を活用することで、ユーザーからの問い合わせに対して自動で最適な回答を実現しているという。