LINEの”自撮り”専用カメラアプリ「B612」が公開から2年で全世界累計2億ダウンロードを突破

LINE株式会社は、自撮り専用カメラアプリ「B612」(iPhone・Android・Windows Phone対応/無料)の全世界累計ダウンロード数が、公開から2年で2億件を突破したことを発表した。

LINE株式会社は、8月31日、自撮り専用カメラアプリ「B612」(iPhone・Android・Windows Phone対応/無料)の全世界累計ダウンロード数が、2016年8月13日時点で2億件を突破したことを発表した。

「B612」は、多彩なフィルターやエフェクトを使用して、自分好みの写真や動画を撮影することができる自撮り専用カメラアプリ。アプリを起動すると自動で内側カメラが起動されたり、画面を指でスライドさせるだけで約100種類のフィルター切り替えができるなど、自撮りに特化した機能を搭載しているのが魅力だ。

「B612」では、2014年8月のサービス公開以降、世界的な”自撮り文化”の広がりと相乗しアジア・中南米・東ヨーロッパ地域を中心に利用者が拡大、ユーザーテスト等で得たデータをもとに、フィルターを自動的に選択する「ランダムフィルター」や多数の写真を組み合わせられる「コラージュ機能」などの機能を追加。

なお、LINEによれば、「B612」では、タイ・インドネシアなどのアジア圏においてもユーザーが増加中という。