KLab、学生インターンが新規事業をプロデュース!『バズムービーコンテスト(バズコン)』試験提供を開始

KLab株式会社は、学生インターンがプロデュースした学生向けの採用PR分散型メディア、『バズムービーコンテスト』(『バズコン』)の試験提供を開始したことを発表。

KLab株式会社は、9月28日、学生インターンがプロデュースした学生向けの採用PR分散型メディア、『バズムービーコンテスト』(『バズコン』)の試験提供を開始したことを発表。

『バズコン』では、学生インターンチームが主体となって、夏休みの2ヵ月間を利用し、社長直下のポジションで、社長や新規事業開発グループのメンター、事業責任者の様々なアドバイスを参考にプロデュースした。

『バズコン』の仕組みは以下の3つ。

1. 大学・大学院・専門学校に所属する学生グループが、企業の出すお題に沿って動画を作成
2. バズコン事務局が、学生グループが作成した動画を「バズコン公式Twitter」に投稿し、各投稿に対する「いいね」と「リツイート」の数を基準としたコンテストを行う
3. 上位入賞の学生グループには、バズコン事務局より賞金が与えられる

これにより、企業側は、多くの学生が使用する『Twitter』上で、学生グループが作成した採用PR動画が学生から学生へとシェアされるため、大きな宣伝費をかけなくても、多くの学生に企業が認知できるようになる。

一方、学生側は、①動画を拡散させて知名度向上、さらに入賞すれば賞金を獲得でき、②職活動を見据えて企業人事と学生間のネットワーク構築、さらに参加できるのは大学や専門学校に所属する学生グループのみなので、③幅広いジャンルの活動を行う、学生同士の横のつながりができる。

なお、『バズコン』では、第1回目のコンテストを開催。動画テーマ「学生生活でトップ(No.1)だったこと」。

* 参加資格
* 日本の大学・大学院・専門学校に所属する学生グループ

* スケジュール
* 2016年9月28日(水) 19:00 ~ 2016年10月2日(火)23:59 投票期間
* 2016年10月3日(水) 結果発表
* 2016年10月7日(金) 表彰式および交流会