KLab、フィリピン・マニラで全世界に向けたVRモバイルゲーム制作を開始

KLab株式会社のフィリピン子会社KLab Cyscorpions Inc.は、本日、複数のスマートフォンを利用したVRモバイルゲーム制作を開始したことを発表。

KLab株式会社のフィリピン子会社KLab Cyscorpions Inc.は、本日(10月3日)、複数のスマートフォンを利用したVRモバイルゲーム制作を開始したことを発表。

KLab Cyscorpionsでは、モニター用とコントローラー用に2台以上のスマートフォンを連携させ、スマートフォンの機能をコントローラーとして代用することで、リッチな体験を提供するVRモバイルゲームを開発。新たな専門機器を購入する必要が無いVRモバイルコンテンツ制作を可能にしたことで、全世界のスマホユーザーが簡単にVRモバイルゲームを楽しめる環境を提供できる。

### ROARZ VR

「ROARZ VR」は、モニター用のスマートフォンと、銃口の方向、発砲、リロードをコントロールするスマートフォンの2台でお楽しみいただけるゾンビシューティングゲーム。現在、Android版のみの提供。iOS版の提供は10月中旬を予定。

### ROAD KILLZ

「ROAD KILLZ」は、最大4台のスマートフォンをそれぞれ、モニター、ハンドル、アクセル、ブレーキとして個別に設定し、車を操作してゾンビを倒していくゲーム。現在、Android版のみの提供。iOS版の提供は10月中旬を予定。

### HEADSHOT

「HEADSHOT」は、スマートフォン1台で楽しめ、ボールの方向に合わせてヘディングシュートを決めるシンプルなゲーム。現在、Android版のみの提供。iOS版の提供は10月中旬を予定。