KDDIとエナリス、資本業務提携

KDDI株式会社と株式会社エナリスは、資本業務提携契約を締結した、と発表した。

KDDI株式会社と株式会社エナリスは、8月10日、資本業務提携契約を締結した、と発表した。

KDDIは、2016年4月1日より、auケータイ・スマートフォンをご利用のお客さまを対象に、全国(沖縄県・一部離島を除く)で電気サービス「auでんき」の提供を開始。

今回の資本業務提携によって、両社は、エナリス社がこれまで培ってきたエネルギービジネスにおける知見・経験の蓄積をもとに、KDDI事業の拡大、具体的には、通信サービスと電気サービスを融合した新たな価値提供等に取り組んでいきたい考えだ。

エナリスは、発電からお客さまへの電気サービスの提供に至るまでの電力流通プロセスすべての領域で事業展開する企業。
これまで新電力に取り組む数多くの企業・自治体をあらゆるフェーズで支援し、その実績とノウハウを積み上げてきた。

なお、KDDIは、2016年8月17日に、エナリス社の大株主である池田元英氏及び池田奈月氏から、エナリス社の普通株式14,501,000株 (議決権割合30.08% (注3)) を取得する予定。

KDDIは、エナリス社との間で、2016年10月下旬を目途に開催予定のエナリス社の臨時株主総会において、KDDIが指名する3名を同社取締役として選任する議案を付議することについて合意している。また、選任した取締役のうち、1名は代表取締役社長、もう1名は財務統括担当の取締役、残る1名は非常勤取締役となる予定。