KDDI、生体認証技術「Liquid」へ3億円を出資

KDDIは、12月27日、Liquidと2016年12月26日付で資本・業務提携契約を締結したことを発表。これにより、KDDIは、Liquidが第三者割当増資により発行する株式を約3億円で2016年12月28日付で取得予定。今後は、Liquidが持つ高度な生体認証技術とKDDIが持つ顧客基盤を活かして、生体情報による信用力の高い本人認証基盤の構築を目指す考えだ。


KDDIは、12月27日Liquidと2016年12月26日付で資本・業務提携契約を締結したことを発表。これにより、KDDIは、Liquidが第三者割当増資により発行する株式を約3億円で2016年12月28日付で取得予定。

KDDIとLiquidは、2016年6月27日から11月30日の間、ホテルに宿泊する訪日外国人向けに、指紋生体認証によりパスポートを提示することなくチェックイン時の本人確認を可能とする実証実験を実施してきた。

今後は、Liquidが持つ高度な生体認証技術とKDDIが持つ顧客基盤を活かして、生体情報による信用力の高い本人認証基盤の構築を目指す考えだ。なお、将来的には、より安心安全に、生体情報だけでさまざまなサービスを受けることができるほか、サービス提供者も本人確認の手法が広がり、新たなビジネスへの活用を期待しているという。