JSOLとPeach、Googleの音声機械学習API「GoogleCloudSpeechAPI 」を活用した航空運航情報提供の実証実験を開始

株式会社JSOLとPeach Aviation株式会社は、Googleが提供するGoogle Cloud Platformの機械学習サービスのひとつで音声認識機能を提供するGoogleCloudSpeechAPIを活用した、利用者への航空運航情報提供の実証実験を8月24日より開始することを発表した。

株式会社JSOLとPeach Aviation株式会社は、8月24日、Googleが提供するGoogle Cloud Platformの機械学習サービスのひとつで音声認識機能を提供するGoogleCloudSpeechAPIを活用した、利用者への航空運航情報提供の実証実験を8月24日より開始することを発表した。

GoogleのGoogleCloudSpeechAPIは、Google Cloud Platformで提供を予定している音声認識サービス。現時点では試用公開中。

JSOLとPeachでは、いち早くこのサービスの可能性に注目して、実業務での適用可能性を検証。今回、一定の性能と効果が見込まれることから、広く利用者向けに実証実験を開始することに至った。

今回の実証実験を通じて、JSOLとPeachは、実際に利用者に自動音声応答サービスを提供し、利用者の利便性の向上と、航空会社のコンタクトセンター負荷軽減効果を検証する予定。