Jet.comの最初の投資家のアイデアから創業!米オーガニックペットフード「Ollie」、シードで約4億6,200万円を資金調達

米ニューヨークのオーガニックペットフードスタートアップ「Ollie」は、シードで440万ドル(約4億6,200万円)の資金調達を実施した、と発表。もともとOllieは、ユニコーン企業Jet.comやCoupangの最初の投資家としても知られているBen Sun氏のアイデアを概念化して創業された会社。

米ニューヨークのオーガニックペットフードスタートアップ「Ollie」は、シードで440万ドル(約4億6,200万円)の資金調達を実施した、と発表。

今回のラウンドは、Primary VenturesとLerer Hippeau Venturesがリードで、Canaan PartnersとHills Pet Food/Halo Pet Food元CEOのSteve Marton氏が参加した。今回の資金調達で、Marton氏は、Ollieの取締役に就任した。

Ollieは、Alex Douzet氏、Gabby Slome氏、Randy Jimenez氏によって設立された会社。

もともとOllieは、シリアルアントレプレナーで投資家のBen Sun氏のアイデアを概念化して創業された。Ben Sun氏は、現在ニューヨークのベンチャーキャピタルPrimary Venture Partnersのジェネラルパートナーで、ユニコーン企業Jet.comやCoupangの最初の投資家としても知られている。

Primary Venture Partnersでは、Ollieの創業者であるAlex氏とGabby氏が、自身のペットの体重増加に悩み、それを回避する最適な手段が現場ではないという問題と痛みを感じていたこともあり、Ollieのインキュベーションを支援してきた。

Ollieを使えば、飼い主は、オンライン上で、それぞれのペットに合わせて、栄養管理と1日の餌やりも考え抜かれたオーガニックペットフードを注文して、その後2日以内で自宅に新鮮なオーガニックペットフードを届けてもらえる。

Ollieのオーガニックペットフードの特徴は、なんといっても、獣医師がペット一頭一頭に合わせた処方をして、それぞれに合った1日に必要な栄養素を取れる点だろう。

Ollieでは、ペットの年齢、アレルギー、体重や1日の活動量だけではなく、あらゆる健康状態を考慮して、それぞれに合わせた食事を提案する。毎週もしくは隔週で、ペットの健康を維持するための方法も教えてくれる。

またOllieでは、顧客のデータやフィードバックなどの評価を使って、それぞれのペットに最適な食事を常に提案する。これにより、飼い主は、常にペットの健康状態に合わせた食事を与えることができるようになる。

https://www.facebook.com/MyOllie/videos/1195407817183680/

さらにOllieのオーガニックペットフードは、全体の98%が自然食品、2%がサプリメントからできており、人間が食べても大丈夫なほど新鮮だ。Ollieが特別に配合した鶏肉や牛肉をベースにしたペットフードを食べれば、従来のペットフードでは補えなかったビタミンやアミノ酸も簡単に摂取できるようになる。

今回の資金調達によって、Ollieは、事業開発を強化するとともに、採用を進め、顧客である飼い主とペットに対して最高のユーザー体験を提供し続けていきたい考えだ。