iPS細胞由来心筋細胞の製品化を目指す、京大ベンチャー「マイオリッジ」がBeyond Next Ventures等から総額1.25億円を資金調達

iPS細胞由来心筋細胞を用いて創薬支援ツールの開発を行う、マイオリッジは、Beyond Next Venturesなどから総額1.25億円の資金調達を実施したと発表した。マイオリッジは、京都大学の南一成研究室の研究成果を基に設立されたベンチャー企業。

iPS細胞由来心筋細胞を用いて創薬支援ツールの開発を行う、マイオリッジは、Beyond Next Venturesなどから総額1.25億円の資金調達を実施したと発表した。

マイオリッジは、京都大学の南一成研究室の研究成果を基に設立されたベンチャー企業。京都大学発ベンチャーとして、iPS細胞の実用化の一翼を担うとともに、新薬の開発に貢献すべく、独自技術に基づいたiPS細胞由来心筋細胞を用い、創薬支援ツールの開発を行うことで、創薬研究の加速に貢献することを目指す。また、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の起業家候補(スタートアップイノベーター)支援事業による支援を受けている。

マイオリッジが製造するiPS細胞由来心筋細胞は、培養にタンパク質を使用しないため製造コストが低く、ロット間均一性に優れ、かつヒトの成熟心筋細胞に近い性質を持つことが確認されている。さらに、独自の細胞凍結技術により長期保存性に優れているという特徴がある。

独自に開発したその心筋細胞を新たな創薬ツールに加工し、大学研究室や製薬企業に代表されるユーザーへ、細胞生存率の高い新規の凍結保存法を用いて安定供給することを事業目標としている。

今回の資金調達によって、マイオリッジは、商用大量細胞生産設備を整え、革新的創薬支援ツールの年内の製品化を目指す。