IoT/O2Oプラットフォームソリューションを提供するベンチャーTangerine、TISから資金調達

TISインテックグループのTIS株式会社は、7月7日、4月に創設したベンチャー企業への投資を行う「コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)」の第1号事案として、Tangerine株式会社へ出資した、と発表した。

TISインテックグループのTIS株式会社は、7月7日、4月に創設したベンチャー企業への投資を行う「コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)」の第1号事案として、Tangerine株式会社へ出資した、と発表した。

Tangerineは2014年3月に設立された会社。ビーコンを利用した屋内・屋外ロケーションサービスを簡単に構築・提供できるクラウドソリューションを展開している。

Tangerineでは、クラウド型ビーコン管理ツールを提供することで、ショッピングモールや商業施設といったリアル事業者における集客促進や来店客分析などのプロモーション活動を支援する。

今回の投資について、TISは、Tangerineのソリューションを、TISが事業を推進している「デジタルマーケティング」や「ビーコンを活用したIoT」分野などで活用することで、迅速な事業展開を行うことを目指して実施したことを明かしている。

なお、TISでは、今後、CVCを活用して、事業戦略においてキーとなるソリューションを持つベンチャービジネスとの連携を強化していきたい考えだ。