Incubate Camp 10th、参加スタートアップ全18社を一挙公開

Y Combinatorに代表されるようなシードアクセラレーションプログラムを、日本ならではの形で開催する「Incubate Camp」は、2010年からはじまって今回で10回目の節目を迎える。記念すべき「Incubate Camp 10th」は、8月25日から26日までの二日間に渡って行われる。

Y Combinatorに代表されるようなシードアクセラレーションプログラムを、日本ならではの形で開催する「Incubate Camp」は、2010年からはじまって今回で10回目の節目を迎える。

Incubate Campとは、日本の主要ベンチャーキャピタル(VC)オールスターによる、ファイナンスプログラム。シードラウンドの資金調達及びサービスリリース済みで、さらなる事業成長を目指し資金調達を希望するスタートアップを対象とした、起業家/投資家合同経営合宿だ。これまでに数あるスタートアップを見てきたVCの視点を、起業家がダイレクトに吸収することで、より本質的な価値を提供するビジネスへと進化を遂げてきた。

今回の第10回目は、8月25日から8月26日に渡って、起業家とVCが対等な存在となって、互いに本音でぶつかり合いながら、ビジネスプランをブラッシュアップし切磋琢磨し合った。

記念すべき第10回目の優勝は、ARを活用したテクノスポーツ『HADO』を手がけるmeleapだった。

Pedia Newsでは、今回のIncubate Camp 10thに参加するスタートアップ全18社を紹介する。なお初日の8月25日は、午前中に今回のIncubate Campに参加するスタートアップ全18社の起業家によるピッチ、午後にはメンタリングと、Incubate Campの目玉の一つでもあるドラフト指名を実施され、翌日の最終発表を迎えた。

### Incubate Camp 10th 参加スタートアップ全18社

#### 1. 水産物の売りたい買いたいをシンプルに。『Portable』
##### [](){: target=”_blank”}

水産業者間における日本各地の水産物の売買をインターネット上で行えるサービス。ポータブル社の板倉一智氏は、鳥取県育ちで生まれ育った鳥取県の水産業を再生したいという思いから起業。

#### 2. 法人向けビザ申請・管理サービス『one visa』
##### https://onevisa.jp/

外国人を雇用している企業、在留外国人が日本のビザを取得・更新する際の手間をなくす、ビザ申請・管理サービス。Residence社の岡村アルベルト氏は、ペルーと日本のハーフで、大学卒業後に品川入国管理局受付窓口で責任者として年間2万件のビザに携わり、ビザ申請の簡素化を実現したいという思いから起業。

#### 3. 恋愛攻略サイト『Forky』
##### https://www.forky.jp/

世の中の恋愛・婚活したい男女と、それに最適なマッチングアプリを繋ぐ恋愛攻略サイトを提供。Parasol社の傘勇一郎氏は、2016年より複数のオンラインサロンを立ち上げ、そのけんけんから恋愛系サービスの起業を志した。

#### 4. 大人の発達障害者のためのプログラミング・デザインスクール『GIFTED ACADEMY』
##### http://www.gifted.academy/

渋谷で発達障害を抱える人に特化した、プログラミング・デザイン教育スクールを展開。VRエンジニア、データサイエンティスト、ブロックチェーンやAIのエンジニアなど、それぞれの分野に特化した専門カリキュラムを用意。GIFTED AGENT社の河崎純真氏は、子供時代に母親がアスペルガー症候群の診断を受けたことをきっかけに、障害者を取り巻く社会問題に関心を持つようになった。

#### 5. ネイルプリンターを活用したジェルネイルサービス『INAIL』
##### http://i-nail.jp/

わずか15秒でネイルアートを描けることで、カジュアルにネイルが楽しめる、自動ネイルプリントサービス。IoTを活用し、毎月トレンドやイベントニーズに合わせたネイルデータを配信しており、現在美容業態を中心に約10サロンへ導入。BIT社の木下靖堂氏は、2013年に上海にてヘアサロン、ネイル、サロンの経営を行い、5店舗まで拡大した後、現地パートナーへ事業譲渡している。

#### 6. 学習塾専用アプリ『Comiru』
##### https://comiru.jp/

スクールと保護者とのコミュニケーションを支援するサービス。これまでに6000名以上の課金ユーザーを獲得し、今年中には10000以上を獲得する見込み。POPER社の栗原慎吾氏は、2011年に学習塾に共同経営者として参画し、当初20名程度の生徒数を60名以上にまで拡大し、その際感じたアナログ業務の不効率さと生徒の保護者とのコミュニケーション課題を解決するために起業。

#### 7. ドローンでビジネスを加速させる『ドローンEコマース』
##### https://flightsinc.jp/

独自のドローン運用ノウハウをベースに展開。既存取引先へのクローズドなドローン販売は、毎月200万円以上の売上実績があり、ドローン講習では毎月40社、合計約150社への導入事例がある。FLIGHTS社の峠下周平氏は、大学時代の航空部での経験も背景にあって起業。

#### 8. 日本の内視鏡技術を世界に。『AIメディカルサービス』

20年に及ぶ内視鏡医師としての経験と知識を生かして、人工知能に内視鏡検査画像とその診断を数万枚から数十万枚単位で学習させることで、まずは静止画像において専門医と同等のレベルで病変を的確に拾い上げ、さらには診断するシステムを構築。最終的には内視鏡検査時の動画においてリアルタイムに、制度よく病変指摘・診断を行うことが可能なシステム構築を目指す。AIメディカルサービス社の多田智裕氏は、東京大学医学部卒業後、全国最大級のメディカルモール武蔵浦和メディカルセンター内にただともひろ胃腸科肛門科を開設し、医療法人化している。

#### 9. カスタム・チューニングカーに特化したカタログメディア『Garage』
##### https://motorz-garage.com/

クルマ・カーパーツ特化型の専門サイトであり、パーツ情報の取得から購入・取付までを揃えたオンラインマーケットプレイス。ローンチ4ヶ月で契約ブランド数100社、商品数12000点、ユーザー問い合わせ数90件に達する。MiddleField社の中山翔太氏は、モータースポーツのファンと触れ合うことで、ファンの熱量に感銘すると同時にクルマ好き、モータースポーツ好きな人たちの困っていることを肌で感じ、ITによって解決したいと考えて起業。

#### 10. 三日坊主防止アプリ『みんチャレ』
##### https://minchalle.com/

楽しく続いて人生が変わる習慣化アプリ。共通の目的をもつ5人一組の特命チームで毎日習慣の証拠写真を送り合って、励まし合うことで習慣化成功率は通常の8倍、1日あたりのアクティブユーザー数(DAU)は1万人。エーテンラボ社の長坂剛氏は、ソニー在籍時に同社の新規事業創出部A10 Project統括課長として『みんチャレ』を開発し2017年に独立。またソフトバンクアカデミアの外部一期生でもある。

#### 11. OB訪問の新しい形『Matcher』
##### https://matcher.jp/

大学・学年関係なくOB訪問ができるマッチングサービス。「就活相談にのるので、〜してくれませんか?」という合言葉のもと、「就活相談をしたい学生」と「お願い事をしたい社会人」がカジュアルに出会うことができる。サービスリリース後1年半が経過し、広告宣伝費0円で学生ユーザー数12000人、社会人ユーザー数4000人、そうマッチング数40000件を突破。また今年1月より法人向けにスカウト機能の提供を開始し、現在ITベンチャー企業を中心に100社が導入している。Matcher社の西川晃平氏は、学生時代よりフリーペーパー制作、商品企画、就活イベントなどを行い、その後アドウェイズに新卒入社するも2週間で退職して起業。

#### 12. ARを活用したテクノスポーツ『HADO』
##### http://meleap.com/

世界のエンタメ施設にフランチャイズ展開し、各店舗で得られた収益のレベニューシェアモデルで運営を行う。ARを使った競技を開発し、テクノスポーツ市場を切り開くことを目指しており、来年以降はコンシューマー展開をスタートする予定。meleapの福田 浩士氏は、明治大学・東京大学大学院にて建築設計論の研究、空間アート制作にのめり込み、2050年の都市研究プロジェクト「iCityプロジェクト」を契機に、ホログラムやウェアラブルを使ったナチュラルユーザーインターフェイスの研究を始めた人物。

#### 13. 企業・法人間で在庫を売買する繊維・ファッション業界のフリマサイト『SMASELL』
##### https://www.smasell.jp/

企業法人噛んで在庫を売買する、繊維・ファッション業界のフリマサイト。サービス開始初日に売上が出ると同時に、開始後2週間で約100社に登録者数も拡大(2017年8月1日現在)。ウィファブリック社の福屋剛氏は、商社退職後に、毎年8000万トンもの廃棄処分を続ける無駄の多い繊維ファッション業界の現状を変えるために起業。

#### 14. 実験機器・技術のシェアリングプラットフォーム『Co-LABO MAKER』
##### http://co-labo-maker.com/

実験機器・技術のシェアリングを中心としたR&Dプラットフォーム。実験機器や技術を使いたい人と、それを提供することで対価を得たい人とを繋げ、容易に取引を進められるようなパッケージを提供する。Co-LABO MAKERの古谷優貴氏は、2017年2月より東北大学初ベンチャーのC&A社に所属し、4月より現職。

#### 15.行けなくなったホテルの予約をかんたんに売ったり買ったりできる『Cansell』
##### https://cansell.jp/

キャンセル料のかかる宿泊予約を個人間で売買できるサービス。本来、キャンセル料を支払うはずだった宿泊予約権を、そのホテルに泊まりたい人に販売・譲渡できるような仕組みを提供することで、キャンセル料の支払いの悩みを解決する。

#### 16. 人工光型植物工場の植物成長管理システム『SAIBAX』
##### http://www.plantx.co.jp/

独自開発の植物成長管理システム。各種センサから得られた測定値を解析し、植物の成長速度をリアルタイムで表示し、植物の成長を管理する。千葉大学内の大規模工場はじめ、国内最大手規模の向上などに導入。プランテックス社の山田耕資氏は、2013年末に人工光型植物工場と出会い、世界の食と農に新しい常識が生まれる可能性を感じて起業。

#### 17. 恋人が見つかる 食事会セッティングサービス『nacoudo』
##### https://nacoudo.jp/

フィーリングを定量化し、相性ぴったりの異性との出会い・交際をサポート。現場での会話や表情から、客観的なプロフィールを自動生成し、連絡やデートの結果をキャッチアップし、出会いのPDCAを回せる。今年7月にベータ版の運用を開始以降、1週間で登録200名、30名程度が支払いを行って実際に利用している。いろもの社の山田陵氏は、文化服装学院アパレルデザイン科卒。

#### 18. 教育の専門家による大学発ベンチャー『教育図鑑』
##### http://eduzukan.com/

教育を受けたい人と教育機関を結びつけるプラットフォーム。教育図鑑社の矢野一輝氏は、京都造形芸術大学芸術教育研究機構研究主幹として、知の構造をテーマに文化省助成を受け、研究主幹として研究開発に携わっていた人物。