IKEAやeBayも利用するARエンジンのKudan、総額約2億円を資金調達

スマートデバイスを活用したAR(Augmented Reality:拡張現実)およびVR(Virtual Reality:仮想現実)エンジンとプラットフォームを開発・提供するKudan株式会社は、本日、複数の個人投資家より総額約2億円の資金調達を実施した、と発表した。

スマートデバイスを活用したAR(Augmented Reality:拡張現実)およびVR(Virtual Reality:仮想現実)エンジンとプラットフォームを開発・提供するKudan株式会社は、本日(7月6日)、2016年7月1日付で複数の個人投資家より総額約2億円の資金調達を実施していたことを明らかにした。

AR/VRの活用については多岐に渡る。産業分野、建築・不動産分野、教育、医療、エンターテイメント、プロモーションなど様々な実用分野での活用が期待されている。

Kudanは、精度が高く、商業利用も可能な独自のAR/VR技術開発・Kudan AR Engineの提供とプラットフォーム運営を行う企業。AR先進地域である欧州においては、Moma AwardsやThe Webby Awardsなど数々の賞を受賞しており、IKEA、PEPSI、View AR、Audi、Dyson、BBC、eBayなどの大手企業にARエンジンを提供している。

今回の資金調達によって、Kudanは、Kudan AR Engineの技術イノベーションを加速させ、グローバル市場への展開の一環としてAR/VRへの注目・期待の高まる日本市場をターゲットとした成長を強化していきたい考えだ。

Kudan株式会社