IBCとコンセンサス・ベイス、ブロックチェーン分野で業務提携

アイビーシー株式会社と、コンセンサス・ベイス株式会社は、ブロックチェーン(分散台帳技術)分野での業務提携を締結したことを発表した。

アイビーシー株式会社と、コンセンサス・ベイス株式会社は、8月2日、ブロックチェーン(分散台帳技術)分野での業務提携を締結したことを発表した。

IBCは創業以来、ネットワークシステムの性能監視を中心としたツールの開発・販売、性能評価サービスなどに特化したネットワークシステムベンダー。

一方、コンセンサス・ベイスは、国内で古くからブロックチェーン技術専門企業として事業を展開しており、専門的な知識と技術を持った企業として適切なアドバイス、コンサルティング、開発を行っている。

コンセンサス・ベイスでは、ソフトバンク、大和総研、セブン銀行、インターネットイニシアティブなど大手上場企業を中心に取引企業数も多く、開発や実証実験を通し、実際のビジネスにおける問題や応用方法に多くの経験と実績を持つ。

今回の業務提携によって、IBCとコンセンサス・ベイスは、IBCが持つコンピューター・ネットワークシステム市場の知見と、コンセンサス・ベイスが持つブロックチェーン技術の融合により、急速に立ち上がりつつあるブロックチェーン市場を開拓していきたい考えだ。