HRスタートアップHibob、シードで約7億7,000万円を資金調達

英国・ロンドンとイスラエル・テルアビブに拠点を持つHRスタートアップHibobは、Bessemer Venture Partners、LocalGlobeと個人投資家からシードで750万ドル(約7億7,000万円)の資金調達を実施した、と公式Twitterで発表した。

HRスタートアップHibob、シードで資金調達

英国・ロンドンとイスラエル・テルアビブに拠点を持つHRスタートアップHibob](http://www.hibob.com/){: target=”_blank”}は、[6月7日、Bessemer Venture Partners、LocalGlobeと個人投資家からシードで750万ドル(約7億7,000万円)の資金調達を実施した、と公式Twitterで発表した。

Hibobは、2015年、2011年にAkamaiにContendoを約3億ドルでイグジットしたシリアルアントレプレナーRonni Zehavi氏によって設立された会社。英国市場に焦点をあて、従業員数300人までの中小企業の人事部門を対象に、健康保険や年金などをリコメンドできるHRサービスを提供する。

Hibobでは、英国の市場に集中しながらも、イスラエル・テルアビブに拠点を持つ。イスラエル・テルアビブ拠点では主に研究開発を担当する。現在、従業員数は40名で、半分がイスラエル・テルアビブで半分が英国・ロンドンにつとめる。なお、Hibobによれば、イスラエル・テルアビブ拠点は拡大する予定だという。

今回の資金調達によって、Hibobは、さらなる事業拡大を目指していきたい考えだ、