GRCソフトウェア企業FixNix、元テスラのCIOからプレシリーズAで約5,500万円調達

米国とインド・チェンナイに拠点をもつGRCソフトウェア企業FixNixは、Tesla Motors<NASDAQ: TSLA>でChief Information Officer(CIO)を務めたJay Vijayan氏などからプレシリーズAで50万ドル(約5,500万円)の資金調達を実施した、と発表した。

FixNix
米国とインド・チェンナイに拠点をもつSaaS企業FixNixは、3月28日
、プレシリーズAで50万ドル(約5,500万円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達について、FixNixは、エクイティクラウドファンディング経由で一部資金を集めたことも明かしている。

今回のラウンドは、Tesla Motors<NASDAQ: TSLA>でChief Information Officer(CIO)を務めたJay Vijayan氏をはじめ複数の個人投資家が参加した。今回の資金調達で、Vijayan氏は、FixNixの社外取締役に就任し、経営・ビジョン・執行・成長・ディレクション面で支援していく。

また、FixNixは、プレシリーズAでさらに100万ドル(約1億1,000万円)の追加資金調達を検討していることも発表した。

FixNixは、2012年、Shanmugavel Sankaran氏によって設立された会社。2014年7月に米国に本拠地を移し、インドの拠点は研究開発で利用されている。

FixNixでは、企業向けに、リスク管理プロセスをより功利的かつ効果的に行うためのガバナンス・リスク・コンプライアンスソフトウェア(GRCソフトウェア)を提供する。

今回の資金調達によって、FixNixは、事業開発を進めていきたい考えだ。