Google、「YouTube VR」アプリを「Daydream View」発売に合わせてリリース

米Google傘下のYouTubeは、Googleが開発した最新のVRヘッドセット「Daydream View」に対応したYouTubeアプリ「YouTube VR」を発表。

米Google傘下のYouTubeは、現地時間11月11日、Googleが開発した最新のVRヘッドセット「Daydream View」に対応したYouTubeアプリ「YouTube VR」を発表。

リリース段階では、Googleの新しいスマートフォン「Pixel」および「Pixel XL」が必要となる。現時点では、「Daydream View」のみの対応だが、今後他のプラットフォームに拡充され得る可能性も秘めている。

「YouTube VR」は、VRの仮想空間上でYouTubeに投稿された通常の動画や360度 動画を視聴できるようにするアプリ。

Daydream Viewにセットして装着し、「YouTube VR」を起動すれば、VR対応の動画は360度、それ以外の動画はシアターモード(仮想世界内の大スクリーンで見るモード)で楽しめる。

またGoogleは、ストリートビューや、Google Playムービーなども「Daydream View」に対応したVRアプリとして利用できることを明かしている。

なお、「Daydream View」は、米国、英国、カナダ、オーストラリア、ドイツで販売中。