favyが総額3.3億円を資金調達 新規事業「ショールーム併設型店舗」スタート 第1弾は「ランドロイド・カフェ」を表参道にオープン

favyは、環境エネルギー投資、サイバーエージェント・ベンチャーズ、みずほキャピタル、個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額約3.3億円の資金調達を実施した

favyは、環境エネルギー投資、サイバーエージェント・ベンチャーズ、みずほキャピタル、個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額約3.3億円の資金調達を実施したことを発表した。

今回の資金調達によって、グルメメディア「favy」の認知獲得に向けた編集・エンジニア等の採用の強化、また新規事業となるショールーム併設型飲食店事業の業態開発に伴うコーディネート人員の採用の強化などを進めていきたい考えだ。

新規事業となるショールーム併設型飲食店事業は、いままでショールームに興味のなかった潜在層に対し飲食を切り口としたアプローチを行うことで、ショールームにとっては新しい来店誘導の形を提案するとともに、飲食店にとっては初期コストを抑えた出店が可能になる新しい出店形態となる。

3月18日には、世の中にないモノを創り出す技術集団のセブンドリーマーズ(正式名称:seven dreamers laboratories株式会社)の独自技術により開発された全自動衣類折りたたみ機「laundroid(ランドロイド)」を展示したカフェレストラン「laundroid café(ランドロイド・カフェ)」を表参道にオープン。

「laundroid café」は「夢と、技術と、仲間が出会う場」をコンセプトとするカフェレストラン。店内には、ランドロイドのティザーモデルを設置し、ランドロイドを身近に感じられる演出を用意する。ビジネスでも、プライベートでも、フォーマルにもカジュアルにも、表参道の気軽に語らえるカフェスペースだ。

また昼には、こだわりのコーヒーはもちろん名物の29サンド、ローストホース監修のかき氷、超特濃ごまアイス専門店「GOMAYA KUKI」を併設する。さらに夜は、完全会員制の焼かない焼肉屋「29ON(ニクオン)表参道店」として、スペシャルディナーを用意。