favy、みずほキャピタル、サイバーエージェント・ベンチャーズから総額約1億円を資金調達…新サービス「飲食店ABテスト」開始

株式会社favyは、みずほキャピタル株式会社、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズが運営するファンドを引受先とする総額約1億円の第三者割当増資により、資金調達を実施した、と発表した。

favy
株式会社favyは、4月18日、みずほキャピタル株式会社、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズが運営するファンドを引受先とする総額約1億円の第三者割当増資により、資金調達を実施した、と発表した。

今回の資金調達で、favyは、さらなる経営基盤の強化を図るとともに、生産者・産地・メーカーのマーケティングを支援する新サービス「飲食店ABテスト」の提供を開始していきたい考えだ。

favyは、今回の新サービス「飲食店ABテスト」の提供開始について、

これまでは、生産者・産地・メーカーによる商品テストでは、実店舗でのリアルな消費者の意見を集めることは難しいとされてきました。また、飲食店舗は収益のすべてを飲食を提供する形でえられる営業収益に頼っており、曜日や天候によって差が生まれてしまうなど、安定した収益の確保が難しい状況でした。そのような状況を受けて開発されたのが「飲食店ABテスト」です。

と述べている。

「飲食店ABテスト」は、飲食店を場として捉え、来店ユーザーが商品や原料を利用した料理などを体験してアンケートに答える行動観察型のマーケティングリサーチサービス。どの商品名がより選ばれるか、品質や強みの把握、適性価格を探る調査など、テスト項目は柔軟に設計できるのが魅力だ。

「飲食店ABテスト」では、年内に提携100店舗でアンケート調査実施を可能にし、飲食店にとって新しい収益源となることを目指している。なお、2016年2月にオープンした新しい飲食店の形を提案する実店舗「C by favy」で実施済みだ。

favy0

これにより、favyは、生産者・産地・メーカーのマーケティングにおける、商品企画・開発、商品テスト、宣伝・拡販のすべてのステージでのサポートができるようになり、さらに、飲食店においても、メーカータイアップの商品アンケートを行うことによって安定した収益を得ることができるようになるという。