Digi-Capital、モバイルIT分野のユニコーン企業は102社で約113兆円

アメリカ、中国、日本、韓国、ヨーロッパのAR・VR、ゲーム、モバイルアプリのM&Aを得意とする英国投資銀行Digi-Capitalは、2月、世界のモバイル向けインターネットトレンドについてまとめた「Mobile Internet Report 2016」を公開した。

アメリカ、中国、日本、韓国、ヨーロッパのAR・VR、ゲーム、モバイルアプリのM&Aを得意とする英国投資銀行Digi-Capitalは、2月、世界のモバイル向けインターネットトレンドについてまとめた「Mobile Internet Report 2016」を公開した。以下では、本レポートより、(1)モバイルインターネットのユニコーン企業の動向、(2)モバイルインターネットへの投資・イグジット動向、を取り上げる。

### (1)モバイルインターネットのユニコーン企業

2015年第4四半期(2015年10月〜12月)のモバイルインターネットで企業評価額10億ドル(約1,131億6,000万円)のユニコーン企業は、4社が企業評価額10億ドル未満となり、全部で102社であった。これらユニコーン企業の企業評価額は、同四半期で1,300億ドル(約14兆7,108億円)上昇し、合計1兆ドル(約113兆1,600億円)となった。

Digi-Capital-Mobile-Internet-Unicorns-Q4

セクター別にみると、ソーシャルネットワーキングとモバイル向けコマースmCommerceで3分の2を占める結果となった。それに続いて、交通、金融、メッセージ、ゲーム、ユーティリティー、旅行、フード・ドリンクとなった。

Digi-Capital-Mobile-Internet-Unicorn-Valuations-Q4-2015

地域別にみると、1位の米国が過半数を占め、急成長をみせる中国が2位にランクインした。それに次いで、ヨーロッパ、インド、日本、韓国がランクインする結果となった。

### (2)モバイルインターネットへの投資・イグジット動向

モバイルインターネットへの投資は、2015年第3四半期(7月〜9月)の210億ドル(約2兆3,921億円)がピークとなり、2015年第4四半期には160億ドル(約1兆8,105億6,000万円)に落ち着き、最終的に2015年通期で6,900億ドル(約78兆804億円)で着地した。

Digi-Capital-Mobile-Internet-Deals

モバイルインターネットへの投資の3分の2が、mCommerceと旅行・交通分野への投資であった。それに次いで、ライフスタイル、フード・ドリンク、広告・マーケティング分野への投資が多かった。モバイルインターネット企業のうち、21社に数百万ドルの投資が行われた。

一方、イグジット動向をみると、2015年第3四半期は比較的安定していたが、2015年第4四半期には1,010億ドル(約11兆4,251億円)と躍進した。これは、2015年末にイグジットしたmCommerce、旅行・交通分野が過半数を占める結果となった。

その他に、ユーティリティー、写真・動画、ゲーム、ウェアラブル、ソーシャル、ナビゲーション、フード・ドリンク、天気、広告・マーケティング、教育の分野で数十億ドルのイグジットがあった。

なお、モバイルインターネット企業のうち、8社が数億ドルでイグジットした、とのこと。