CyberZが人工知能を活用した開発組織「AI技術推進室(AITEC)」を設立…第一弾はスマホ広告向け効果測定ツールF.O.XにおけるTVCM分析機能

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZは、本日、人工知能を活用した広告の自動化・効率化、並びにアドテクノロジー分野におけるサービス開発を目的とした「AI技術推進室(AITEC:アイテック)」を設立した、と発表。第一弾として、スマートフォン広告向け効果測定ツール「F.O.X」におけるTVCM分析機能の提供を開始した。

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZは、本日(9月13日)、人工知能を活用した広告の自動化・効率化、並びにアドテクノロジー分野におけるサービス開発を目的とした「AI技術推進室(AITEC:アイテック)」を設立した、と発表。第一弾として、スマートフォン広告向け効果測定ツール「F.O.X」におけるTVCM分析機能の提供を開始した。

人工知能(AI:Artificial Intelligence)の市場規模は2015年に3兆円、2050年には8兆円になると予想されているだけでなく、WEB広告・レコメンデーションの分野単体の市場においても2015年には5,666億円、2020年には1兆円に近い規模の市場に成長すると予想されている。

特に人工知能の中でも機械学習や深層学習の研究分野はWEB広告における広告の自動最適化やオートメーションに活用できると注目を集める。

「AITEC」では、既に所有するアドテクプロダクトにおけるAI技術の導入やAI技術を活用した新サービスの開発に取り組む。その第一弾として、スマートフォン広告向け効果測定ツール「F.O.X」にて、機械学習を用いたTVCM分析機能をローンチ。

これは、今までのスマートフォン広告分析に加え、TVCMにおけるプロモーション効果の分析が可能になるというもの。TVCMによるアプリのインストール、アプリ起動などのリエンゲージメント効果やWEB広告への影響を分析することが可能。

さらに株式会社ゼータ・ブリッジが保有する「TVCMメタデータ」と連携し、関東圏のCMをモニタリングすることがF.O.X上で可能になる。「TVCMメタデータ」はゼータ・ブリッジ社独自の自動認識エンジンを活用してテレビCMの放送履歴を生成している。

今後、CyberZは、AIの技術を活用することで、より一層、企業のスマートフォンプロモーションの問題解決や効果向上への寄与を目指すとともに、広告効果の最適化していきたい考えだ。