CyberZ、Snapchat広告の提供を開始!国内代理店として初めてSnapchatの広告配信を可能に

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZは、本日、国内の広告代理店として初めて米国向けSnapchat広告の取り扱いを開始したことを発表した。

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZは、本日(8月22日)、国内の広告代理店として初めて米国向けSnapchat広告の取り扱いを開始したことを発表した。

今回のSnapchat広告の取り扱いは、米国拠点であるCyberZ USA,Incと連携を取ることで実現。CyberZでは、Snapchat広告に適した縦動画の制作にも対応しており、プロモーションの設計、クリエイティブ制作、広告配信までを一貫して行うことが可能。これにより、今までアプローチ出来ていなかった若年層へのマーケティングが米国においてもできるようになる。

今後、CyberZでは、企業のスマートフォンプロモーションの問題解決や効果向上への寄与を目指すとともに、広告効果の最大化に進めていきたい考えだ。