CFOキャリアのつくり方…ショーケース・ティービー佐々木義孝氏 x キープレイヤーズ高野秀敏氏【CXO対談】

Pedia Newsでは、ベンチャー/スタートアップ業界で人材採用のプロ・高野秀敏氏と株式会社ショーケース・ティービー取締役の佐々木義孝氏の対談をお送りする。

### 人材採用のプロ・高野氏が注目する「CFOキャリア」

ベンチャー転職求人の専門エージェント株式会社キープレイヤーズの代表取締役である高野秀敏氏が「CXOのキャリア」として注目する、株式会社ショーケース・ティービー取締役の佐々木義孝氏。

Pedia Newsでは、ベンチャー/スタートアップ業界で人材採用のプロ・高野秀敏氏と株式会社ショーケース・ティービー取締役の佐々木義孝氏の対談をお送りする。

**株式会社ショーケース・ティービー 取締役CFO 佐々木義孝氏(写真 右)**

1973年9月6日北海道生まれ。明治大学商学部卒業後、日本輸送機株式会社(現・ニチユ三菱フォークリフト株式会社)入社。2006年にデザインマンション開発の株式会社プロパスト(東証ジャスダック上場)にて最初のIPOを果たす。2010年にセールスプロモーション雑貨の株式会社トランザクション(東証1部上場)にて2度目のIPO、そして、2015年にWebマーケティング支援の株式会社ショーケース・ティービー(東証マザーズ上場)にて3度目のIPOを実現する。IPOを実現した3社の業界、規模は全く異なるが、3社とも業績予想の下方修正なく着地しており、経営マネジメントとして特筆すべき実績を残している。現在、株式会社ショーケース・ティービー取締役管理本部長、経済産業大臣登録中小企業診断士、認定上級IPOプロフェッショナル。著書には『実戦!上場スタート』がある。

**株式会社キープレイヤーズ 代表取締役 高野秀敏氏(写真 左) **

新卒でインテリジェンスに入社。2005年1月に株式会社キープレイヤーズを創業。モバイルやインターネット業界向けの人材紹介や採用のコンサルティングを行うなど、転職や採用のノウハウを持つ。

### ショーケース・ティービーが彩る「インターネットに”おもてなし”の心を」

「”豊かなネット社会を創る”、インターネットに”おもてなし”の心を」それがショーケース・ティービーの経営理念だ。1996年にショーケース・ティービーの前身である、有限会社フューチャーワークスが設立され、昨年(2015年)3月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場を果たした。

ショーケース・ティービーは、Webサイトの費用対効果を高めるサービスを独自の技術により提供しているWebマーケティング専門会社。独自技術によるASPサービス「フォームアシスト」は特許取得、ASPアワードでグランプリ受賞などの実績もあり、多くのユーザーに愛用されている。

### 佐々木義孝氏 x 高野秀敏氏【CXO対談】

#### CFOキャリアのつくり方

**高野秀敏氏(以下、高野氏)**:人材紹介や採用コンサルティングの仕事柄、これまで「CFOになりたい」方とたくさんお会いしてきました。いろいろお話をお伺いしてみると、CFOになりたいものの、いざCFOになろうとすると、どのようにしてCFOになればいいのかがわからない。

僕としては、CXOポジションはCXOとなるべき方がきっちりと努力を積んでチャレンジすれば、もっとベンチマークしがいがある仕事、と捉えています。ただ、**情報発信されていない部分が多くてわからない面が多い**。

そこで、今回、**佐々木さんの著書『実戦!上場スタート』を拝見して、ぜひCFOキャリアの作り方をお伺いしたい**と思いました。

### 「高校時代から経営参謀を目指していた」

**佐々木義孝氏(以下、佐々木氏)**:北海道出身で、大学は明治大学商学部の出身なのですが、もともと実家が田舎の小さな雑貨店で商売をしていたこともあって、苦労を目の当たりにしていました。トップではなく経営を支える立場、参謀になろうと思い、**高校時代からCFOのような仕事を目指していました**。

明治大学の商学部は、会計士が結構受かっていたので、起業家で自分がナンバー1になるよりも、**会計士になってナンバー2で経営参謀のような役割になりたいと思って入学**しました。その上で、将来的には自分でも経営や事業をできるような人間になりたい、そう漠然と思っていましたね。

**高野氏**:そうだったのですね。

### 小林一三の言葉に出会い、人生を変えようとした

**佐々木氏**:ただ、大学に入ってから、よくよく考えてみると、会計士の試験は決して簡単な試験ではなくて難しい試験なのですよね。それで、CFOになって経営参謀のような役割を担いたい、と思いながらも、卑屈になって、結局、会計士の勉強をしなかったんですよ。

やりたいことも見つからない。これからどうしよう。そのタイミングで、一度、北海道に帰省しました。その時に、両親が盛んに公務員になることを勧めてくれました。それなら、やりたいこともないから、公務員になろうと思ったんです。だけど、**本気で公務員になりたいわけでもなかったので、力も入らなくて、結局公務員試験に受からなかった**んです。

そうした時に、何をするにしても、やっぱり人間力を鍛えることが大事だと思いました。そこで、小林一三の言葉と出会いました。

**下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。(小林一三)**

### とにかく営業をやりきって人間力を鍛える

**佐々木氏**:その言葉に感銘を受けて、その先どうなるかはわからないけれど、とにかく営業をやりきって人間力を鍛えようと思って、新卒で事業会社に入社して営業をすることに決めました。

その会社は、物流倉庫で使われるようなフォークリフトを開発していて、ルート営業というよりはガンガン飛び込み営業をする会社でしたね。倉庫街に飛び込んで営業していました。いろんな社長さんと話す機会も多かったです。

営業と聞くと、バーっと話し倒して提案することで相手を丸め込むことが手法と思われがちですが、私は、**相手の話をちゃんと受け止めるように心がけていて、孤独な経営者の方々の話をちゃんと聞くようにしていました**。

### CFOに重要なスキルは・・・?

**佐々木氏**:いまCFOという立場になって、「相手の話を聞いて受け止める」ことがCFOとして重要なスキルと思っています。**経営者・起業家みんなが、孤独を抱えていて、多方面にいろんな悩みを抱えている**んです。だからこそ、CFOをはじめとしたCXOのメンバーが、それをきちんと受け止める必要があると思うんです。**素晴らしい回答をすることよりも、きちんと受け止めて考えさせてあげる。自分が答えを出すというより、答えを導いてあげる**。これは、1社目の事業会社で営業の経験を積んだことで鍛えられました。

### 経理・財務のスキルの見つけ方

**高野氏**:そうだったのですね。**営業で人間力を鍛える一方で、経理・財務のスキルはどのように習得していったのですか?**

**佐々木氏**:**2社目の会社でIPOの準備をさせてもらえたことが大きかった**ですね。

2社目の会社は、大学の先輩のベンチャー企業でした。ITベンチャーではなかったのですが、IPOを目指して経営企画室を新設するということで、たまたま、経験がなくても第二新卒で若くてやる気のあるような人を探していたんです。**当時、IPOといった言葉は知らなかった**のですが、大学の就職課にいた知人の方から紹介されて転職することに決めました。

2社目の会社では、社長がとても熱心な方で、たくさん勉強会やセミナーに行かせてくれました。私自身、あまり仕事はできなかったと思うのですが、たくさん勉強させていただいたこともあって、知識に関しては習得できました。

### 「IPOを成就させたい」強い思いが実現させる

**佐々木氏**:ただ、その会社は上場できなかったのですが、その経験から、IPOという会社を経営する上で大きな目標・大きな経験になるものを知って、IPOを成就させたいと思ったんです。その後、数社渡り歩いて、いまショーケース・ティービーが8社目になりましたが、3社のIPOを成就させることができました。

### 社会人歴20年・8社転職!転職の時に心がけていることは?

**高野氏**:日本だと、**佐々木さんの歳(今年43歳)で8社経験がある方は非常に少ない**ですよね。

**佐々木氏**:そうですね。**社会人歴20年で8社経験**しているので、**1社あたり平均2.5年で転職**していますね。

ひとつだけ自慢できることがあるとしたら、いままで8社転職して、1社だけ年収が下がった以外、全部年収が上がっているんです。1社下がったのは、特殊な理由で、不動産関連のベンチャーに在職中にそもそも年収がバブっていた(笑)のですが、リーマンショックの影響を受けて転職せざるを得なくなって年収が半分になったんです。それ以外は、全部、転職するたびに、年収が上がっているんです。元々そんなにもらっていないのもありますけど(苦笑)

**高野氏**:それはおもしろいですね。転職なさる方でも、年収が上がり続ける方は、なかなかいませんよね。佐々木さんが、**転職する時に心がけていることはありますか?**

### 「誰でもみんながやろうと思えばできるのにやらない人が多い」

**佐々木氏**:**誰でもみんながやろうと思えばできるのにやらない人が多い**のだと思うんですよね。元々私は金融業界やコンサルファーム出身の方のように、華麗なキャリアがあるわけでもなければ、収入が非常に高いわけでもないですので、プライド自体が高いわけではありません。泥臭く何でもやろうと心掛けています。

### 派手さよりも、地道な会社で、地に足をつける

**佐々木氏**:私としては、業績がきちっと出ていてかなり地道な会社を選んで転職していると思います。いま流行りのバズワードや時流に乗っているからというわけではなくて、巨額資金調達をしてIPOしそうな企業を選ばずに、きちんと業績がしっかり上げていて、継続的に社会性のあるビジネスをしそうな会社を選んでいるつもりです。そうすれば、自分の収入も上げられますし、IPOも成就できるのではないかと考えています。

ショーケース・ティービーに転職を決めた理由も、ITと言えども”おもてなし”をキーワードに掲げていて社会性があると感じましたし、ビジネスも月額課金モデルの堅実なビジネスモデルで着実にIPOを狙えると思いました。

**地に足がついたところで長く仕事をしたい**。そう考えているので、**派手さはありませんが、着実なところを選んできました**。

### IPO成就にこだわってチャレンジ続けた理由は?

**高野氏**:なるほど。ただ、ベンチャーといえども、必ずしもその会社がIPOするとは限らないわけですよね。その中でも、IPOの成就にこだわって、チャレンジし続けたのはなぜでしょうか?

### 「根本的に諦めが悪いんです」

**佐々木氏**:そうですね。私も知人で金融業界からベンチャーにCFOで参画して、IPOできずに再び元に戻られる方が多くいます。未上場だけに限らず、上場後のベンチャーに転職しても再び元に戻られる方も多いです。その中でも、**私は諦めが悪い(笑)**

『実戦!上場スタート』に書こうと思って書くのを止めたのですが、**実は、中小企業診断士も何回も落ちて、再チャレンジし続けて、やっと受かった**んです。**妻にも「私なら絶対に諦める」と言われた**のですが、何度も再チャレンジしてようやく受かりました。言い訳ですが、仕事が忙しくなってそれどころではなくなった時も幾度ありました。

**1回やろうと決めたことは、成就しないと嫌で、やりきらないと気持ちが悪い。根本的に諦めが悪いんです(笑)**

### ベンチャーが好き、それでも人間関係に悩むことも・・・

**佐々木氏**:ただ、**自分が嫌いなことなら、挫折ばかりしている中で、もう一度チャレンジしようとは思わない**です。ベンチャーで上昇志向のもと成長していくことが好きなんです。

もちろん、人間関係で嫌なことも悩むこともたくさんありますよ。理不尽なことも多くて、もうこれ以上ついていけないと思うことも多かったです。

### 困難を乗り越える秘訣は「自分の考え方を変える」

**佐々木氏**:だけど、いろいろなことを経験していく中で、「自分が悪かったんだ」「自分には何が足らないのだろうか」と考えるように、自分の考え方を変えるようにしたんです。それで、自分にはスキルや実績が足らないと思って、資格を取ったり、IPOを成就させようと努力しました。あとは、人間力も足らないところが多いと思って、中村天風の天風会に行って何事にも動じないような人間になるために人間力を高めたりしました。実際のところは、何事にも動じてばかりですけどね(笑)そういうことをやり続けていましたね。

**高野氏**:本の中でも、人間力や信念について取り上げられていましたよね。**困難を乗り越えるためには、スキル面も大事ですが、人間力がヒントになるわけですよね**。

**佐々木氏**:そうですね。いまでも、吉田松陰・中村天風・松下幸之助の格言が365日分書いてある一言一句集を毎日読んでいますね。その習慣は、ちょうど2009年のリーマンショック後から続けていることなんです。最初のIPOはデザインマンション開発だったので、景気の追風もあり華々しく颯爽と山を駆け上がっていきましたが、不動産業界は、景気の影響に敏感で、サブプライムローン問題からは崖から転げ落ちるようにどん底に落ちてしまったんです。その時、またここから人生を盛り返すためには、人間力を鍛えて人間的にもっと成長して、この困難をチャンスに変えようと思ったんです。それ以来、毎日欠かさず続けている習慣ですね。

### 佐々木流”IPOの秘訣”

**高野氏**:最後に、佐々木さんがIPOを成就させる上で、CFOとして、心がけている”IPOの秘訣”を教えてください。

**佐々木氏**:”野球”に例えると、CFOは”キャッチャー”、CEOは”ピッチャー”の存在だと思うんです。CFOは、利害関係者との調整も含めて、多方面でやらないといけないことが多い役割なので、「バランス感覚」「中庸の精神」が大切です。著書にも書きましたが、栃木県足利市の足利学校に「宥座の器(ゆうざのき)」というものがあります。「宥座(ゆうざ)」とは、常に身近に置いて戒めとするという意味で、孔子の説いた「中庸」ということを教えるものです。壺状の器に水が入っておらず空の時は傾き、ちょうど良いときはまっすぐに立ち、水をいっぱいに入れるとひっくり返ってこぼれてしまいます。

ベンチャー企業は創業者は勿論のこと、ジョインしているメンバーの多くがそれぞれ強い思いを持っています。かなり個性が強い集団です。それらのメンバーを同じ方向にまとめ、更には社外ともベクトル合わせする必要があります。そこで重要な役割を果たすのがCFOです。すべての事柄に対し「中庸」を守ることで、その役割を果たすことができると考えています。これは、人生においてもそうだと思います。

ー ありがとうございました。

株式会社ショーケース・ティービー

株式会社キープレイヤーズ