CES2018にてすべての靴をAI搭載のIoTシューズにする世界初のシューログプラットフォーム「ORPHE TRACK」発表!

no new folk studio、1月9日〜12日にラスベガスにて開催の家電見本市CES2018にて初公開

スマートフットウェアを開発するスタートアップ企業no new folk studioは、足の動きを精細に記録しAIが解析するスマートフットウェアのプラットフォーム「ORPHE TRACK」を発表。
また、ラスベガスで開催される家電の見本市CES 2018にて、コンセプトスニーカーとともに「ORPHE TRACK」のデモを展示。
株式会社no new folk studio(本社:東京都千代田区 代表:菊川裕也 以下:nnf)はスマートフットウェアのプラットフォーム「ORPHE TRACK」を発表。

nnfは過去につま先の向き、歩きの速さといった足の動きから楽曲が生成され、ユーザーがOrpheを履いて歩くだけで演奏を楽しめる音楽演奏アプリケーション「Orphe Piano」などをリリースしている。

着用者の行動を学習するAI

「ORPHE TRACK」はすべての靴をAI搭載のIoTシューズにするためのプラットフォーム。

「ORPHE CORE」に搭載されるAI「ORPHE AI」は、足の動きのデータから機械学習を行い、ランニングフォームのコーチングや健康状態のアドバイスを行う。

運動能力や健康状態と密接な関係にある「歩き」や「走り」を精密に記録して解析することで、生活を変革するとのこと。
本製品の低消費電力かつ高速処理、さらにはリアルタイムで高精度の運動解析とフィードバック可能にしているのは、「ORPHE CORE」。

6軸モーションセンサー・気圧センサー・振動モーターそしてSTマイクロエレクトロニクス社の最先端のマイクロコンピューター「STM32L4+」シリーズを内蔵。
nnfのスマートフットウェアを特徴づける、側面に配置されたLEDは、着用者の行動に応じて変化。
「ORPHE CORE」は靴から取り出して交換可能。寿命が1年ほどとされるスポーツシューズにおいて、電子部品を交換可能とすることで経済性に配慮。

メーカー向けデザインフレームワークで自由なデザインを

「ORPHE TRACK」プラットフォーム適合の靴をデザインするためのフレームワーク「ORPHE FRAMEWORKS」が靴メーカー向けに用意されており、フレームワークに沿って「ORPHE CORE」を内蔵できるようにデザインすることで、あらゆる靴が「ORPHE TRACK」プラットフォーム対応になる。
各メーカーは自社のデザインを生かし一製品として出すことができる。

これまで靴メーカー単独では難しかった内蔵デバイスやソフトウェアの開発を靴のデザインと分離することで、まだ普及の進んでいない靴のIoT化に結びつく。

2018年夏の実用化を目指すそうだ。
気になる方は是非CESで体験してみてはいかがだろうか。
CESではランニング体験にフォーカスしたデモンストレーションを実施。

日程 :2018年1月9日〜12日
ブース:Sands Expo, Tech West Hall A-D 44752(Wearables Marketplace)

no new folk studio

株式会社no new folk studioは、2014年に創業したスタートアップ企業。「日常を表現にする」をミッションに、スマートフットウェア製品を軸に新しいプロダクト/サービス/プラットフォームを創っている。
代表:菊川裕也
本社:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル12F DMM.make AKIBA
設立:2014年10月