CareTechのuzuram、複数のエンジェル投資家と西武信金から資金調達

介護×クラウドソーシング「JOJOS」の企画、運営及び、介護入門向けWebメディア「CARER」の企画、運営を行うuzuram株式会社は、「JOJOS」や「CARER」をはじめとする介護関連事業の拡大にあたり、複数のエンジェル投資家と西武信金からの資金調達を実施した、と発表した。

介護×クラウドソーシング「JOJOS」の企画、運営及び、介護入門向けWebメディア「CARER」の企画、運営を行うuzuram株式会社は、「JOJOS」や「CARER」をはじめとする介護関連事業の拡大にあたり、複数のエンジェル投資家と西武信金からの資金調達を実施した、と発表した。

ウズラムは、『老いることが不安にならない社会をつくる』ことを目的(Vision)として、 介護職(ケアワーカー)と要介護者をつなぐクラウドソーシングサービスを開発・提供する会社。

同社では、JOJOSを通じて、助けを必要としている人と助けたい人をつなげ、健全で持続可能な介護を民間から実現しようとしている。また、介護職の社会的地位や労働環境・報酬の水準を向上を図り、フリーランスと しての介護(自費介護)という働き方を広く提案することで「自由な働き方」「労働機会の充実」などの社会におけるテーマに、介護職という領域からチャレンジしている。