CAMPFIRE、タグボートを共に新進アーティストの制作活動を支援するプログラムを運用開始

CAMPFIREは、アジア最大級の現代アートのオンラインギャラリーを運営するタグボートと共に、新進の現代アート作家がグローバルに活躍するための資金面でのサポートプログラムを2017年12月25日より開始する。

新進のアーティストの制作費や展示会費等の資金面での課題を解決し、作品制作に専念できる環境を作ることを目的としており、2018年には、年間10件以上のプロジェクトを掲載していく計画を立てている。


CAMPFIRE上に特設ページを開設し、新進アーティストのプロジェクトを掲載。CAMPFIREは、クラウドファンディングにおけるプロジェクト作成時のノウハウ提供及び特設ページの作成、広報活動等の支援を行い、TAGBOATは、アートコレクターへの告知やアーティストのSNS運用などをサポートする。

第一弾プロジェクトとして、12月25日より「ニューヨークのギャラリーで展覧会を開催したい」を実施。タグボートが東京と台北で開催したアートイベント「Independent(インディペンデント)」上位7名のアーティストによる展示会を、ニューヨーク・マンハッタンのトライベッカにあるギャラリースペース「hpgrp Gallery New York」で開催するのが目的で、展覧会開催費100万円を募る。プロジェクトが成立した際にはタグボートが開催のサポートを行い、支援者にはアート作品が贈られる。

参加アーティスト:橋本仁、佐藤誠高、岡田豊、Aki Sakamoto、中村綾花、島田裕美子、若田勇輝

第一弾プロジェクト詳細

プロジェクト名: ニューヨークのギャラリーで展覧会を開催したい

目標金額:1,000,000円
期間:2017年12月25日(月)〜2018年2月27日(火) 23:59まで

リターン(返礼品)一例:
・アーティスト 橋本仁のウッドブリック(オリジナルアート作品)12,000円 (送料込)
・アーティスト 中村綾花の紙に木版画 (ED: 15)A4サイズ 20,000円 (送料込)

サポートプログラム特設ページ