ASAC Batch2 Demo Day、ASAC2期生の全スタートアップ9社を紹介

今回、Pedia Newsでは、「ASAC Batch2 Demo Day」に登壇したスタートアップを紹介する。

青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)は、11月8日、都内某所で「ASAC Batch2 Demo Day」を開催。

ASACは、東京都から有限責任監査法人トーマツが委託を受けて運営する施設であり、世界に誇るリーディングカンパニーを生み出すことを目的としてアクセラレーションプログラムを運営。

### ASAC Batch2 Demo Day
#### ASAC2期生の全スタートアップ9社を紹介

「ASAC Batch2 Demo Day」では、ASACのアクセラレーションプログラム第2期に参加した全9社のスタートアップのピッチが行われた。

今回、Pedia Newsでは、「ASAC Batch2 Demo Day」に登壇したASACのアクセラレーションプログラム第2期のスタートアップ全9社を紹介する。

### ペットヘルスケアIoT「hachi tama」
#### 株式会社ペットボードヘルスケア

ペットヘルスケアIoT「hachi tama」は、ペットの医療費問題を解決するサービス。WEBカメラと自動給餌器機能を持つ「IoTデバイス」と、「健康管理アプリ」「認定オーガニックペットフード」「テレビ電話による獣医師相談」の4要素で構成された世界初のサービスだ。

「hachi tama」では、IoTデバイスから自動で収集されるペットライフデータを分析し、ペット保険の活用を目指す。

* 参考記事:**2社の起業、イグジットを経て、シリアルアントレプレナーがペット x ヘルスケア x IoTで新たな挑戦に臨む…株式会社ぺっとぼーどCEO堀宏治氏**

### 訪日外国人向け多言語アプリ「LOOK」
#### 株式会社チャプターエイト

訪日外国人向け多言語アプリ「LOOK」は”LOOKで、日本と世界をつなぐ。”をコンセプトに作られたアプリ。

「LOOK」では、日本商品のバーコードをスキャンすると、商品内容が多言語で表示され、帰国後にもその商品を同社の越境ECサイト「Jselection」で購入できるサービス。また取得した訪日外国人の行動データをもとに、小売店、メーカー、飲食店用に、インバウンドソリューションを提供する。

### 女性向け防犯アプリ「Moly」
#### 株式会社コーデセブン

コーデセブンは、女性向け防犯アプリ「Moly」を開発中。

「Moly」は、危険な目を回避すべく”察知”に重点を置いた防犯アプリ。例えるなら緊急地震速報のように使える防犯アプリだ。リリース初期版として、犯罪情報をベースに、ユーザー各自より防犯情報を共有する仕組みを開発している。

### ハミガキのリデザイン「BYTAPS」
#### 株式会社グレーアンドネイビー

BYTAPS」は、世界中の人々が1日に何度も行うルーティンであるハミガキを、もっと簡単で、もっと心地よいものにリデザインするために生まれたサービス。

「BYTAPS」では、利用的なブラッシングを簡単に行うための設計、正しいブラシ交換をストレスフリーに実現する定期配送サービス、そしてアルミ削り出しのハンドルで、ハミガキをより心地よい時間へと変える。

### 技術とデザインの化学反応による驚きを「TRINUS」
#### 株式会社TRINUS

TRINUS」は、”技術とデザインの化学反応による驚きを”をコンセプトに、インターネットを通じ、様々な可能性を持つユニークな技術、才能あるデザイナー、より豊かで楽しい生活を求める消費者の3つの力を融合し、インターネットを通じ、全区新しい驚きに溢れた商品を世界中へ届ける。

[TRINUS上で先行予約販売中のデザイン「花色鉛筆」]

「TRINUS」では、投稿されたデザインを評価し商品化を応援することで実際にサイト上で購入することができる。

### 託児付きランチ・お出かけ子育て支援「ここるく」
#### 株式会社ここるく

ここるく」は、託児付きで利用できるプランを企画・提供することで、今まで子連れでいけなかったお店にも、母親たちが安心して外出できる機会を増やす。

WEBサイトでポチっとするだけで、子連れランチが託児所付きで、お店の予約から子供の預け先の確保までワンストップでできる、子育て支援サービス。

WEBでポチれば、あとはお店に行くだけで、子供を預けるのも、レストランに行くのも、子どものお迎えもできる。万が一、リスケが必要になった場合もワンストップでキャンセルできる。これまでにない、驚きの低価格で提供するのも魅力のひとつ。(ここるく代表 山下真美氏)

### トイレ空席管理IoT「Throne」
#### 株式会社バカン

バカンは、ありとあらゆる空席情報を集めることをビジョンに掲げる会社。これにより、空きがあるかどうかを起点に、ユーザーがあらゆる情報をスマートに選択できる効率的な世界”Vacant-First”な世界作りを目指す。

第一弾としてトイレの混雑状況がWEBを通じてリアルタイムに分かる「Throne」を展開。

バカンでは、具体的に「マニュアル(純粋なIT活用)」「センサー」「人工知能、画像解析」の3つに取り組む。医療やホテル、トイレなど幅広い領域で展開することで、ありとあらゆる場所が1秒でわかる優しい世界を実現していきたい。

2017年春には、大型プロジェクト「D〜Dの名を継ぐもの〜」が始動する予定。おもしろいサービスになると思う。日本中、世界中を変えていくサービスになる。楽しみにしてください。(バカン代表 河野剛進氏)

### シェアリングエコノミー型家事代行マッチング「タスカジ」
#### ブランニュウスタイル株式会社

シェアリングエコノミー型家事代行マッチング「タスカジ」は、家事の仕事をしたい個人と家事をお願いしたい個人をつなぐプラットフォーム。

また「タスカジ」は、レビューとプロフィールを見て自分好みのタスカジさん(ハウスキーパー)を選べる安心感、英語ネイティブの外国人、栄養士、整理収納アドバイザーなど多様なスキルのタスカジさんを網羅することが評価され、共働きの家庭を中心にクチコミでユーザー数を伸ばしている。

「タスカジ」では、誰もが家事代行を利用できる世界を作ることを目標に、シェアリングエコノミーでたった1時間1500円で家事代行できるマッチングプラットフォームを実現。

特徴は「低価格」「安心感」「全取引に及ぶレビュー」「サポートセンター」。これらにより、タスカジさんが自らスキルをどんどんブラッシュアップしていく仕組みを作り、低価格なのに高品質なサービス提供を実現した。(ブランニュウスタイル代表 和田幸子氏)

### 感性アルゴリズムAIを使った独自サービス
#### 株式会社リトルソフトウェア

リトルソフトウェアは、脳波や生体データを分析し、64カテゴリの感性に可視化する「感性アルゴリズムAI」を元に、脳波・心拍データの解析、製品サービスの感性面での評価・ニューロフィードバック、共同開発・新規サービス立ち上げを行う。現在、約40社の企業とプロジェクト進行中。今後は、自動車、ヘルスケア、音楽、スポーツなどで共同開発を進める。

「〇〇モードは脳を最適化できる」、その二つの商品を紹介。一つは安らぎモード、もう一つはシャキッとモード。今後は、企業を中心に集中モードを解決する商品が注目されている。次の最適化は教育向け開発。人間がさらに集中できる商品の開発を進めていきたい。(リトルソフトウェア代表 川原伊織里氏)