ARスマートヘルメットDAQRI、ホログラフィックスタートアップTwo Trees Photonicsを買収

米国・カリフォルニア州ロサンゼルスのARスマートヘルメットDAQRIは、英国・ミルトン・ケインズのホルグラフィック技術スタートアップTwo Trees Photonics(2TP)を買収することで合意した、と公式Twitterで発表した。今回の買収はDAQRIにとって4回目となる。

DAQRI1

米国・カリフォルニア州ロサンゼルスのARスマートヘルメットDAQRIは、3月28日、英国・ミルトン・ケインズのホルグラフィック技術スタートアップTwo Trees Photonics(2TP)を買収することで合意した、と公式Twitterで発表した。買収契約の詳細については明らかにされていない。

DAQRIは、これまで、2015年2月にMelon、2015年5月にARToolworks、2016年3月に1066 Labsを買収しており、今回の買収は4件目となる。

今回の買収について、DAQRIの創業者兼CEOであるBrian Mullins氏は、

私たちは、4年以上、ホログロフィック技術を探し続けていました。そして、私たちは、Two Trees Photonicsと出会いました。Two Trees Photonicsは、優秀な物理学者のチームで、ホログロフィック技術の常識をくつがえしています。私たちは、今でも、初めてTwo Trees Photonicsを見たときを覚えています。

と語り、Two Trees Photonicsが、長年探し続けてきたホログロフィック技術の中でも、素晴らしい技術とプロダクトをもっており、非常に優れていることを明かした。

Two Trees Photonicsは、2010年、日本の大手電機メーカーであるアルプス電気株式会社<東証1部: 6770>の支援を受けて設立された会社。幅広い市場で利用できるホログロフィック技術搭載ディスプレイの開発とデザインを行う。

DAQRI2

Two Trees Photonicsのディスプレイは、英国の自動車メーカージャガーランドローバーをはじめ、様々な自動車メーカーがフロントガラスに採用している。現在、約15万台に導入されている。

DAQRI3

一方、DAQRIは、2010年、Gaia Dempsey氏、Andy Lowery氏、Brian Mullins氏、Philip Tolk氏によって設立された会社。作業現場の未来を変えるために、スマートヘルメット「DAQRI Smart Helmet」を提供する。

DAQRI4

「DAQRI Smart Helmet」は、作業員のための次世代のヒューマンマシーンインターフェースデザインのウェアラブルデバイス。AR技術(拡張現実技術)をいかして立体的に表示できる「DAQRI 4D Studio」機能をもつ。

作業員は、「DAQRI Smart Helmet」を装着すると、現実の作業現場と重ね合わせて3Dモデルのオブジェクトを確認できる。

今回の買収によって、DAQRIは、Two Trees Photonicsと連携することで、自動車メーカーとの業務提携を進め、さらなる事業拡大を目指していきたい考えだ。