Andreessen HorowitzのAR/VR投資スタートアップまとめ

AR/VRの成功は『ポケモンGo』だけではない。今年(2016年)、スタートアップへの投資が加速している。今回、Pedia Newsでは、AR/VRに積極的に投資するベンチャーキャピタルAndreessen HorowitzのAR/VR分野の投資先スタートアップを紹介する。

AR/VRの成功は『ポケモンGo』だけではない。今年(2016年)、スタートアップへの投資が加速している。

米国、中国、日本、韓国、欧州のAR/VR、ゲーム、モバイルアプリのM&Aを得意とする英国投資銀行Digi-Capitalは、今月(7月)、AR/VRスタートアップへの投資に関する世界の最新トレンドを発表した。本レポートによる、2016年6月までの直近12カ月でAR/VRスタートアップへの投資額は累計20億ドル(約2,100億円)。金額もさることながら、それらのスタートアップのほとんどが創業間もないアーリーステージだという。(参考記事:売上はすでに約1億円以上か!?『ポケモンGo』、米国アプリランキングで1位獲得…48時間でダウンロード数がTinder越え、さらに滞在時間はSnapchat超え、DAUはTwitterに迫る勢い

PCからモバイルインターネットへ時代が変わりゆく中で、AR/VRはサードウェーブ(第3の波)とも言われる。(参考記事:「サードウェーブはVR/ARでインターネットができるようになる時代」…gumi國光氏が語る「次に取り組むテーマ」 #SVMeetup

また、シリコンバレーのトップティアベンチャーキャピタル(VC)であるDCMは、今月14日、アーリーステージに投資する「DCM第8号」を5億ドル(約530億円)、第2号目となるシリーズAに投資するファンドを1億ドル(約105億円)、レイターステージに投資するファンドを1億7,000万ドル(約180億円)で総額7億7,000万ドル(約815億円)のファンドを新設し、その中で、IT/VR/AI関連のベンチャー企業に投資することを発表している。

もちろん、シリコンバレーのトップティアVCであってもAR/VRに投資をしていないものもあるが、2016年第2四半期(4〜7月)に30のベンチャーキャピタルが協力して「VR Venture Capital Alliance」を資本金100億ドル(約1兆円)以上で設立するなど、AR/VRへの投資活動は非常に積極的なものだ。

今回、Pedia Newsでは、AR/VRに積極的に投資するベンチャーキャピタルAndreessen HorowitzのAR/VR分野の投資先スタートアップを紹介する。

### Magic Leap

Magic Leapは、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)を超えて、MR(Mixed Reality、複合現実)と呼ばれる新しい領域の技術で世界中から注目されている。MRとは、リアルな空間にバーチャルな物体を映し出す技術。

今年4月(2016年4月)には、イスラエルのセキュリティソフトウェアソリューションプロバイダーNorthBitを買収している。(参考記事:バリュエーション約5,000億円のユニコーン企業Magic Leap、イスラエルのセキュリティソフトウェアNorthBitを買収

なお、Andreessen Horowitzは、シリーズBラウンドで投資している。

##### 資金調達

* シリーズA:2014年2月、5,000万ドル(約53億円)
* シリーズB:2014年10月、5億4,200万ドル(約570億円)
* シリーズC:2016年2月、7億9,350万ドル(約840億円)

### Within

Within(旧 Vrse.)は、ストーリーを重視したVR映像プラットフォームを運営する会社。VRとは、ユーザーに「ストーリーの一環として(within)の感動を与えるもの」と考えており、Withinにはユーザー体験をVRでストーリー化するという意味合いが込められている。

なお、Andreessen Horowitzは、2015年5月のシードラウンドと今年6月(2016年6月)のシリーズAで投資している。

##### 資金調達

* シード:2015年5月、金額非公開
* シリーズA:2016年6月、1,260万ドル(約13億円)

### Oculus

Oculusは、Andreessen Horowitzのポートフォリオ(開示されている範囲内)で初めてのAR/VRスタートアップ投資企業。

Oculusは、VR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Rift」を開発する会社。「Oculus Rift」は、人間の裸眼に匹敵する広い視野角と高い解像度が特徴的。これにより、圧倒的な没入感、現実感を演出できる。

なお、Andreessen Horowitzは、2013年12月のシリーズBラウンドで投資しており、約3カ月後の2014年3月にFacebookにイグジットしている。この投資による原体験がAndreessen HorowitzのAR/VR投資を後押しすることになったと言っても過言ではないだろう。

##### 資金調達

* シリーズA:2013年6月、1,600万ドル(約17億円)
* シリーズB:2013年12月、7,500万ドル(約80億円)

##### イグジット

* 買収(M&A):2014年3月、Facebook、20億ドル(約2,100億円)